​ 冬物ももう終わり?MACKINTOSH(マッキントッシュ)のキルティングジャケットを使ったスタイリング!

スポンサーリンク


Pocket

mackintosh

先日、いかにも「昔ながらの喫茶店」といった感じのお店の前を通ったのですが、「紙タバコOK、アイコスNG」という貼紙がありました。
よほどタバコ好きな店主なんだろうなと思いましたが、今のご時世は禁煙の方が喜ぶ人が多くなっている気がします。

私自身ももともとタバコの煙は苦手ですが、最近はさらに苦手になってきています。
でもそのお店は非常に強いこだわりを感じるので、いいと思います!
(入りはしませんが…)

MACKINTOSH(マッキントッシュ)のキルティングジャケットを使ったスタイリング

さて今回は、MACKINTOSH(マッキントッシュ)のキルティングジャケットを使ったスタイリングをご紹介します。
最近急に気温が上昇したと思いきや、7日はまた寒くなりましたね。
完全に体調を崩しにかかっているとしか思えません…。
気温の変化に負けないように気をつけたいと思います。

冬物を着られる期間も残りわずかなので、温度が下がった時はしばしのお別れを惜しむように冬物を着用したいと思います。
今年の秋冬は(というか毎年ですが)Barbour(バブアー)が大活躍でした。
インナーとしてダウンベストを着用することで、真冬のアウターとしてもガンガン着用できます。

その次に活躍したのはやはりMACKINTOSH(マッキントッシュ)でしょう。
とは言っても、今回紹介するキルティングではなく、ゴム引きコートをメインに着ていました。
その次がキルティングジャケットですね。
そう書くとあまり気に入っていないように思えますが、そんなことはありません。
ついついエイジングを楽しめるアイテムを着てしまうというだけで、こちらも非常にお気に入りです。

ではスタイリングのご紹介です。

スポンサーリンク

RING JACKET(リングヂャケット)のジャケットを使ったスタイリング

mackintosh

mackintosh

アウター:MACKINTOSH(マッキントッシュ)
ジャケット:RING JACKET(リングヂャケット)
ジレ:GRAN SASSO(グランサッソ)
パンツ:GTA(ジーティーアー)
シューズ:CROCKETT & JONES(クロケットアンドジョーンズ)
ベルト:J&M DAVIDSON

スタイリング自体は私の秋冬スタンダードです。
このキルティングジャケットは、着丈が長いのが特徴です。
ジャケットの裾も完全に隠れる丈で、なかなか使いやすいです。

ちなみに購入したのは6〜7年前ですが、まだまだ現役です。
当初は身幅がかなり広かったので、2回ほどお直しして、今のサイズになりました。

mackintosh

脱ぐとこんな感じのスタイリングです。
この冬物たちもそろそろ今シーズンの役目は終了です。

まとめ

MACKINTOSH(マッキントッシュ)のキルティングジャケットを使ったスタイリングのご紹介でした。
秋冬ものを着られなくなるのは少し寂しい思いもありますが、衣替えとともに気分も変えられるので、前向きにいきたいと思います。
単純に寒いのはもう嫌ですしね…。
スタイリングの参考になれば嬉しいです。