​ たまにはジャケットなしで!?MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートを使ったスタイリング!

スポンサーリンク


Pocket

mackintosh

最近はファッション雑誌を見ていても、「ややゆったり」というのがひとつの流れのように思います。
太めのパンツなんかも結構見かけるようになってきて、ピタピタのパンツはちょっと古く感じるくらいです。

そんな中でも私の所有するウールパンツは未だに全てノープリーツのままです。
全部プリーツ入りに入れ替えたいとまでは思いませんが、いくつかは買い足したいですね…。

MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートをジャケット代わりに使ったスタイリング

さて今回は、ジャケット代わりにMACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートを使ったスタイリングをご紹介します。
通常、ジャケパンスタイルの場合は、ジャケットを着た上にMACKINTOSH(マッキントッシュ)を羽織る。という感じでコーディネートしております。

ただ、春になって気温も上がれば、少し砕けた雰囲気を出すべく、ジャケットなしでコートを着るというスタイリングもアリなのではないかなと考えています。
ちょうど先日読んだ雑誌にも似たようなことが載っていたので、早速試してみました。
(我ながらミーハーというかなんというか…)

ではスタイリングのご紹介です。

スポンサーリンク

TAGLIATORE(タリアトーレ)のダブルジレを使ったスタイリング

mackintosh

ジャケット:RING JACKET(リングヂャケット)
ジレ:TAGLIATORE(タリアトーレ)
シャツ:BEAMS F(ビームスエフ)
パンツ:PT01(ピーティーゼロウーノ)
シューズ:CROCKETT & JONES( クロケットアンドジョーンズ)
ベルト:J&M DAVIDSON
ネクタイ:LUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)

まずは普通のジャケパンスタイルです。
いつもならこの上にコートを着るのですが、今回はこのジャケットを脱いでしまいます。

mackintosh

脱ぐとこんな感じですね。
オフィス内の装いといったところでしょうか。

MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートを使ったスタイリング

mackintosh

mackintosh

コート:MACKINTOSH(マッキントッシュ)
※その他のアイテムは先ほどと同様です。

ジャケットを着ずに、コートを着てみました。
写真だとあまりわからないですね…。

実際に着た感じでは、ジャケットがない分、ゆとりが出た感じです。
最近のトレンドである、ゆったりめな感じが出て、なかなかいいのではないかと思います。
ただ、見た目にはジャケットを着ていても着ていなくても違いはわからないと思います。

まとめ

ジャケットを着ないコートスタイルをご紹介しましたが、いかがでしょうか?
寒い季節は何のメリットもないですが、春になれば温度調節にもいいですね。

以前「ASPESI(アスペジ)のM65をジャケット代わりに使う」という記事も書きましたが、今回はまた違う印象になりました。
ASPESI(アスペジ)はジャケットの代わりにそのまま着る。という感じですが、MACKINTOSH(マッキントッシュ)はあくまでコートとして着る感じです。
この辺りは気分によって使い分けたいですね。
スタイリングの参考になれば嬉しいです。