​ 前ポケットが可愛い?FULLCOUNT(フルカウント)のブッシュパンツ「1246」を使ったコーディネート!

スポンサーリンク


Pocket

fullcount-1246-bush

最近の私のブームのひとつがサンドイッチです。
とにかく美味しいサンドイッチが食べたいのです。

先週末は恵比寿でグリルドチーズサンドなるものをいただき、非常に美味しかったです。
やっぱり都会には美味しいものが集まりますね。
私の最寄り駅も、もう少し美味しいものが食べられるお店が増えて欲しいものです。

FULLCOUNT(フルカウント)のブッシュパンツを使ったコーディネート

さて今回は、ちょっと変わり種のデニムパンツをご紹介します。
いつも私はA.P.C.(アーペーセー)のプチスタンダードを愛用しているのですが、履きすぎで少々飽きがくることがあります。

そんな時に活躍するのがFULLCOUNT(フルカウント)のブッシュパンツ「1246」です。
実はこのパンツはかなり昔から愛用していまして、今回お見せするのは2代目です。
初代は10年くらい前に購入し、かなり履き込んでいい感じの色落ちに育ちました。
当時はオーバーサイズで履くのが好きだったので、サイズはかなり大きいですが、こちらが初代です。

fullcount-1246-bush

今でもたまにリラックスしたスタイルにしたいときなんかに履いています。

これのジャストサイズ版も欲しい!ということで購入したのが今回ご紹介する2代目です。
ちなみに、このパンツは裾幅が結構太いので、2代目は膝下からテーパードするようにお直ししています。
その後SIVIGLIA(シヴィリア)やA.P.C.(アーペーセー)のデニムにハマったのでしばらく履いていませんでしたが、かなりお気に入りの1本です。

ではコーディネートをご紹介します。

スポンサーリンク

Barbour(バブアー)ビデイルSLを使ったコーディネート

fullcount-1246-bush

fullcount-1246-bush

アウター:Barbour(バブアー)
ニット:無印良品
パンツ:FULLCOUNT(フルカウント)
シューズ:CROCKETT & JONES(クロケットアンドジョーンズ)
ベルト:J&M DAVIDSON

まずは定番のBarbour(バブアー)ビデイルSLとのコーディネートです。
セージのバブアーとブッシュパンツで土臭さ満点のコーディネートですね…。
裾幅を狭くお直ししたことで、ローファーとの相性も良くなったのではないかなと思います。

Barbour(バブアー)インターナショナルSLを使ったコーディネート

fullcount-1246-bush

fullcount-1246-bush

アウター:Barbour(バブアー)
※その他のアイテムは先ほどと同様です。

続いてBarbour(バブアー)インターナショナルSLとのコーディネートです。
個人的にはビデイルSLよりこっちの方がしっくりきます。
首元まで止めた時のインターナショナルSLのかっこよさとブッシュパンツの可愛らしさのコントラストがなかなかいいのではないかと思っていますが、いかがでしょうか?

まとめ

昨日の記事に続き、全身イタリアものというようなコーディネートとはちょっと毛色を変えたコーディネートです。
やっぱり思うのは、一過性の流行りのものではなく、長く着られるものを買っておけば、気分やトレンドで着なくなる時期はあっても、必ずいつか着られる時が来るなということです。

結局定番で、質のいいものが強いんですよね。
あとは、着込んでダメになったときに、「また同じものを購入できる」という安心感もポイントですね。
今後もそういうアイテムを買い足して行きたいと思います。
コーディネートの参考になれば嬉しいです。