大切な革靴は長く履きたい!私の革靴お手入れ方法!

スポンサーリンク


Pocket

shoe-care

ここ最近はいつもにも増してファッションのことばかり考えています。
いろんなショップのアイテムを見ながら、「こういうコーディネートしたいな。でもそうするとあのアイテムも新たに買いたいな」等、妄想を膨らませています。
でも結局最終的に行き着くのは「予算不足」の壁ですね。
欲しいものを気にせずバンバン購入できるくらいの財力が欲しいものです。

Middle-A的靴磨き方法!

さて今回は、私の革靴のお手入れ方法をご紹介します。
まぁ正直全く目新しいことはなく、完全に王道な手入れ方法ですので皆さんとさほど変わらないかと思います。
ただ、せっかくいい革靴を手に入れても、ボロボロで手入れもされていないようでは台無しです。
また、あまりに手入れをしないと、履きジワの部分からひび割れが発生することもあり得ます。
(残念ながら私も実際に体験してしまいました…。)

紳士たるもの、お気に入りのアイテムを所有するのはもちろん、そのアイテムを長く使えるように、しっかりお手入れも怠らずに続けたいものです。
と、偉そうに書きましたが、そんなにしょっちゅう靴磨きをする必要はありません。
週1回履くくらいのペースなら、月1回磨けば問題ないのではないかと思います。
(履いた時は必ずブラッシングだけはしている前提であれば。ですが…。)
では私の靴磨き方法をご紹介します。

スポンサーリンク

馬毛ブラシでブラッシング

shoe-care

まずはブラッシングです。
これは基本中の基本でしょうね。
クリーム塗ったりする前に、靴についた埃を落としてしまいましょう。
先ほども書きましたが、ブラッシングは履いた後に必ず実施することで、靴磨きの頻度を減らすことができる…と思います。
私はなんとなく柔らかそうな馬毛ブラシを使っていますが、豚毛でもなんでもいいと思います。

M.モウブレイのステインリムーバーで汚れを落とす

shoe-care

ステインリムーバーは賛否両論ありますが、毎回ではなくても使用した方がいいかなと思います。
ずっとクリームを塗り重ね続けるのもなんだか良くない気がします。
軽くクロスにとって、靴を撫でるイメージで汚れを落とします。

サフィールのビーズワックスファインクリームを塗る

shoe-care

ペネトレイトブラシにクリームをとり、クルクル回す感じで塗っていきます。
あまり細かいことは気にしていませんが、つけすぎには気をつけていますね。
左右全体に塗ったら、豚毛のブラシで全体をブラッシングします。

shoe-care

これで結構光沢がでて、靴磨きした感が出てきます。

M.モウブレイのグローブクロスで磨く

shoe-care

最後にグローブクロスで全体を優しく磨きます。
ブラッシングだけよりさらに艶が出るのでおススメです。

まとめ

以上が私の靴磨き方法です。
実際にこの作業をするのは月1回です。
そのかわり、必ず家に帰ったらブラッシングは行なっています。
毎日同じ靴を履いたりしない限りは月一で十分かと思います。

ただ、今の私のお手入れ方法だと、コバは無視している状態なんですよね…。
これが今後の課題ですので、コバインキを導入しようかと考えております。
せっかくいいお値段のシューズを履いているのだから、なるべく長く付き合えるように、今後もしっかりお手入れしながら履いていきたいと思います!