ネット通販は使う?インポートファッションアイテムの購入方法!

スポンサーリンク


Pocket

ネット通販って本当に便利ですよね。
日用品等もネットで購入するようになって気づいたのですが、薬局なんかで欲しい商品を探すのって意外と面倒なんですよね。
ネットなら検索してカートに入れるだけなので、非常に楽チンです。

個人的にはAmazon が好きで、よく利用しています。
日用品からKindleの電子書籍、ファッションアイテムまでお世話になりっぱなしです。

インポートファッションアイテム購入にネットショップは使う?

というわけで今回は、インポートファッションアイテムのネット通販についてです。
皆さん、洋服を購入される際はネット通販は使いますでしょうか?
私はかなり活用しています。

インポートファッションアイテムは高価なので、できれば目で見て試着して購入したいところですが、ネット通販の手軽さやおトクさも捨てがたいところです。
そうは言っても、「サイズが合うか心配…」等の思いもあるかと思います。
そこで、通販に向いているアイテムと、そうでないアイテムのご紹介をしたいと思います!

スポンサーリンク

ニットやカットソーなどのトップス

muji

通販しやすいファッションアイテムと言えば、まずはトップスでしょう。
ネット通販での1番のリスクは「サイズが合わない」ということかと思います。
ニットやカットソーなら基本的にお直しは不要なので、お手持ちのもののサイズを測れば、自身のジャストサイズがわかると思います。
通販サイトは必ず実寸サイズの表記があるので、そのサイズで判断できます。

ベルト・ネクタイ

j&mdavidson

ベルト、ネクタイなども通販のハードルが低いかと思います。
ベルトは長さだけ測れば失敗することはまずないでしょう。
ネクタイも同様です。長さが合わないことはありますが、それは巻き方などでどうにでもなります。

テーラードジャケット、チェスターなどのコート

ringjacket

これは上級者向けと言えるでしょう。
ジャケットやチェスターコートは、袖ボタンつけが必ず発生しますし、ウエストを絞る等のお直しも必要な可能性が高いです。
そのため、店員さんと話しながら購入する方が向いているように思います。

私もジャケットの通販はまだチャレンジしたことがないです。
ただ、行きつけの信頼できるお直し屋さんがあれば大丈夫かと思います。
(それでも「○cmくらいならお直しでなんとかなるな」等の経験値は必要だと思いますが…)

まとめ

結論としては、ネット通販も難しいものではないので、どんどんチャレンジすればいいと思います。
正直、実店舗で購入して失敗することもあるので、あまりリスクの心配はしなくていいのではないでしょうか。
(最近はないですが、私も試着して購入したものでも、サイズ感が気に入らなくなることは何度もありました。)
万一失敗してもお直しでなんとかなる範囲であれば、逆に愛着が湧くこともあるかも?です。

ネットショップは実店舗に比べてポイント付与率が有利だったり、並行輸入品を扱っているお店なら価格が圧倒的におトクですからね。
今後もアイテムに応じて購入するショップを使い分けておトクにインポートファッションを楽しみたいと思います!