おすすめのベルトの結び方はコレ!ベルテッドコートのコーディネート!

スポンサーリンク


Pocket

belted-coat

私の勤める会社は、特に年末が最繁忙という感じではないのですが、最近とある事情で非常に忙しいです。
忙しくなりすぎたときにはやはり音楽を聴くことでストレス発散です。
お酒が飲めない私としては、あとは甘いものでも食べるとなおよしですね。

もう音楽なんか聴いてもなにも感じない!というくらいに疲れているときは…寝るしかありません。
世間の皆さんはどのような発散をされているのか気になるところです。

ベルテッドコートのベルトの結び方

さて今回は、ベルテッドコートを着用する際のベルトの結び方のご紹介です。
私の所有するコートでベルト付きなのは、MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートです。
関連記事:MACKINTOSH (マッキントッシュ)のゴム引きコートを使ったコーディネート

ベルトつきのコートはいろいろな着こなしが楽しめる反面、「このベルトはどう使えばいいの?」と悩むこともあるのではないでしょうか?
というわけで、私がよく使っているベルトの結び方をご紹介します。

スポンサーリンク

ベルトを結ばずポケットに入れる

belted-coat

コート:MACKINTOSH (マッキントッシュ)
ジャケット:RING JACKET(リングヂャケット)
ニット:Letroyes(ルトロワ)
シャツ:TAGARUパターンオーダー
パンツ:PT01(ピーティーゼロウーノ)
シューズ:CROCKETT & JONES( クロケットアンドジョーンズ)

まずは定番の、ベルトをそのままポケットに入れるパターンです。
これはなにも考えずにサッと羽織ってそのまま外出できるのがいいですね。
コート本来のシルエットのまま着ることができるので、形のキレイなコートにはオススメのベルトの使い方と言えますね。

ベルトをバックルで留める

belted-coat

※コーディネートは先ほどと同様です。

続いては普通のパンツに使うベルトと同じように、バックルで留めるパターンです。
これも定番ですかね。
ただ、普通すぎてあまり面白味がないなあとも思えます。
真面目さを出したいときにはいいかも?

ベルトをフロントで結ぶ

belted-coat

最後は私が1番よく使う結び方です。
先ほどのバックル留めと似ているのですが、バックルには通さずに前でそのまま結んでしまうスタイルです。
これは前を止めることによって防寒性かアップしますし、ベルトの結び目が見えることによる見た目のインパクトもあるのでかなりオススメです!

結び方も、ただ固結びしているだけなのでなにも難しくありません。
(結び目はちょっと横にずらした方がこなれて見える気がします。)
また、ベルトを結ぶことで、ウエストが絞られてシルエットが美しく見えるという効果もありますね。

まとめ

3パターンのベルトの使い方をご紹介しましたが、どうでしょうか?
最近の私はほぼ3つめのパターンで固定です。
バックルに通したりするのもめんどくさいですからね。パッと着られることって意外と重要かと思います。

この他にも、後ろで結ぶ方法もありますが、最近は全くやっていませんね。
トレンド的にも「前で結ぶのが気分」とうい感じかと思うので、そこに影響されている部分もあるかもしれませんが…。
以上、ベルテッドコートのベルトの結び方のご紹介でした。
コーディネートの参考になれば嬉しいです。