やっぱり休日はデニムでしょ?A.P.C.(アーペーセー)のプチスタンダードを使ったコーディネート!【春夏編】

スポンサーリンク


Pocket

apc-denim

MEN’S Preciousの2017年冬号を読んでみました。
「名品とは」や「紳士とは」といった内容が色々と書かれており、非常に感銘を受けた次第です。
特に「紳士とは、何事においても余裕を感じる人」といった内容にはハッとさせられました。

最近の自分はいろんな意味で余裕がなく、到底紳士とは言えないです。
今後は名品が似合う男になれるように努力したいと思います!

スポンサーリンク

A.P.C.(アーペーセー)のプチスタンダードを使った春夏コーディネート

さて今回は、私の大のお気に入りである、A.P.C.(アーペーセー)のデニムパンツ、petit standard(プチスタンダード)を使ったコーディネートをご紹介します。
※長くなりそうなので、2回に分けます。
今回は春夏編です。

私の休日コーディネートは99パーセントがデニムパンツを着用しています。
とくにこのA.P.C.(アーペーセー)のプチスタンダードは妻から「・・・他にパンツ持ってないの?」と言われるほどのヘビーローテーションです!
シルエットは非常に綺麗で、さらに履きこむに連れて色落ちも楽しめるので、長く付き合える名品です。
(価格もそこまで高くないです!)

お手入れしながら長くエイジングを楽しめるアイテムとして、デニムは男心をくすぐるアイテムNo.1と言えるでしょう!
では早速コーディネートご紹介です。

ASPESI(アスペジ)のM65とのコーディネート

apc-denim

apc-denmi

アウター:ASPESI (アスペジ)
ジレ:LARDINI(ラルディーニ)
シャツ:TAGARUパターンオーダー
パンツ:A.P.C.(アーペーセー)
シューズ:CROCKETT & JONES( クロケットアンドジョーンズ)
ベルト:J&M Davidson

まずは春先のコーディネートです。
男らしいM65と、色落ちしたデニムの相性は非常に良いと思います。
無骨な印象になりすぎないように、他はドレス寄りのアイテムを使い、上品さを出したつもりですが、どうでしょうか?

BOGLIOLI(ボリオリ)のジャケットとのコーディネート

apc-denim

apc-denim

ジャケット:BOGLIOLI(ボリオリ)
ジレ:ernest(エルネスト)
※その他のアイテムは先ほどと同様です。

定番のネイビージャケットと合わせてもOKです。
私自身はあまりこういうコーディネートはしないのですが、「キレイめにいきたいけど、ウールパンツだとカチッとしすぎるし…」等の悩みがある方にはいいと思います。

スポンサーリンク

無印良品のボーダーカットソーとのコーディネート

apc-denim

apc-denim

カットソー:無印良品
シューズ:BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)
※その他のアイテムは先ほどと同様です。

完全にカジュアルよりなコーディネートです。
でも、シルエットの良さで清潔感は感じられるのではないかと思います。
春夏にはかなりの頻度でこのコーディネートが登場します。

three dots(スリードッツ)のカットソーとのコーディネート

apc-denim

apc-denim

カットソー:three dots(スリードッツ)
シューズ:new balance(ニューバランス)
ハット:Borsalino(ボルサリーノ)

最後は真夏のカットソー1枚スタイルです。
毎年夏の休日は毎日このコーディネートです。
「Tシャツにジーパン」という王道コーディネートですが、アイテム自体に上品さがあるので、子供っぽくはなっていないと思います。

まとめ

今回はA.P.C.(アーペーセー)のプチスタンダードを使った、春夏のコーディネートをご紹介しました。
当たり前ですが、何にでも合いますね。それをいいことに、休日はこれしか履いていません。
タイトなシルエットのわりに、履き心地はストレスを感じないのもヘビーローテーションになる理由のひとつですね。

また、私のプチスタンダードも結構いい感じに色落ちが進んできました。
自分と一緒に成長する。とは言いすぎかもしれませんが、自分色に馴染んでいくアイテムであることは間違いありません。
A.P.C.(アーペーセー)のプチスタンダードを使った春夏コーディネートのご紹介でした。
コーディネートの参考になれば嬉しいです。