【洋楽アルバム】Beck「Mellow Gold」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

Mellow Gold

さて今回は、Beck(ベック)の「Mellow Gold」をレビューします。
Beck(ベック)はアメリカのソロアーティスト。
ファンクやらヒップホップやらオルタナやらなんでも吸収して吐き出す音が魅力のアーティストです。アルバムごとに奏でる音が違うのも面白いですね。

Beck(ベック)「Mellow Gold」レビュー

Beck(ベック)の「Mellow Gold」は1994年発売の1stアルバム。
いろんなジャンルごちゃ混ぜの楽曲たちですが、「これがBeckの音」と思わせる説得力がある、不思議なアルバムです。


スポンサーリンク

では全曲レビューします。

1.Loser

イントロのスライドギターのリフが非常に印象的なオープニングナンバー。
ミドルテンポのリズムにボーカルはラップ調で入ってきます。
サビはメロディがしっかりと確立されており、聴きやすい音に。
全体的にトラックはヒップホップ等からの影響が感じられますが、ポップさも加えてオルタナな仕上がりになっているのはBeck(ベック)のセンスの賜物ですね。

2.Pay No Mind(Snoozer)

暗めのフォークナンバー。
アコースティックギターのコードストロークに低音メロディの気だるめボーカルが乗っかってきます。感想はブルースハープなども入り、「古き良き音」も感じさせる展開です。
このアルバムの中では非常にシンプルに楽しめる1曲です。

3.Fuckin’ With My Head(Moutain Dew Rock)

ミドルテンポのリズムにフェイザーのかかったギターなどを重ねた不思議な音が魅力のナンバー。
この曲にもブルースハープが入り、また感想のギターフレーズもブルースを感じさせます。
ボーカルはほぼ全編コーラスがついてきますが、メロディアスというよりはシブめな感じですね。
Beck流のブルースナンバーといったところですね。

4.Whiskeyclone, Hotel City 1997

非常にダークなアコースティックナンバー。
ゆったりとしたテンポに不協和音なアコースティックギターのフレーズ。ボーカルは低音で気だるい感じ。その音が延々と続く不思議な曲です。
ダークな映画のサントラに入れたい1曲ですね。

5.Soul Suckin’ Jerk

ロボットボイス調のボーカルが印象的なヒップホップ・ナンバー。
序盤はドラムに控えめなシンセベースがメインの淡々としたトラックですが、中盤からはブチブチゴリゴリののシンセベースが全面に出されるエレクトロナンバーに。
ボーカルにトレモロをかけたノイジーなラストもカッコいい。

6.Truckdrivin’ Neighbors Downstairs(Yellow Sweat)

古臭く懐かしいアコースティックギターのイントロに、超低音ボーカルが乗っかるフォークナンバー。
全編に乗るホワイトノイズなど、レトロな雰囲気全開の1曲。

7.Sweet Sunshine

シンプルなリズムトラックに、突然登場する強烈に歪んだボーカルが印象的なヒップホップナンバー。
その歪んだボーカルでラップ調の歌をハモリ付きで歌うので、もう何が何だかわからないアレンジですね。
ヒップホップとハードコアをかけ合わせた音という感じでしょうか。

8.Beercan

うって変わって軽快なポップナンバー。
ドラムトラックとループするベースが非常に気持ちいい1曲。
ボーカルはお得意のラップ調ですが、しっかりとメロディが感じられ、コーラスワークも活きていますね。
途中で入る子どもの声も可愛らしく、全体的にチャーミングさが感じられる良曲。

9.Steal My Body Home

ゆっくりのテンポに、シタール(?)の音が不思議な空気を作っています。
ところどころでハズしたコードが加わり、違和感を感じさせるのは作戦ですかね。
ボーカルも低音なメロディで、曲の雰囲気とマッチしますね。
かと思えば突然カズーが入るおもちゃ箱のようにポップになったり、つかみどころがない展開です。
良質なメロディとはまた違う心地よさを感じられる1曲。

10.Nitemare Hippy Girl

セバドーを彷彿とさせるローファイナンバー。
アコースティックギターのコードストロークをメインにしたバンドサウンド。
しっかりメロディはあるものの、そこはかとない気だるさが感じられる、まさにオルタナな1曲。
当時の時代に非常にマッチする曲と言えるでしょう。

11.Mutherfucker

ブリブリのベースの単音フレーズに、ボーカルもゴリゴリに歪ませたハードコアナンバー。
シャウトし続けているような曲ですが、不思議ととっつきにくい感じはないです。
もちろんポップとは言えませんが、何故だかスッと入ってくる1曲ですね。
不思議な感覚です。

12.Blackhole

左右に重ねられたアコースティックギターのストロークが非常に心地よいラストナンバー。
Beck(ベック)のボーカルも優しく綺麗なメロディで、アルバムの中で1番身を委ねられる曲と言えますね。
深海て包み込まれているような感覚に陥って深く深く入り込める曲です。
ラストはだんだん不穏な音も交えながら終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

スゴいアルバムだな、というのが1番しっくりくる感想です。
ただ、聴く人を選ぶアルバムでしょうね。
「Loser」のように聴きやすい部分がある曲ばかりではないので、1枚通しで聴くのは辛いかもしれません。

いろんな実験的な音が散りばめられたアルバムですが、ラストナンバーを聴けば「綺麗なメロディも書けるけど、そればっかりにはしない」ということがわかるなぁと。

ヒップホップ、エレクトロ、ブルース、ローファイなんかを全て取り込んでBeckの色をつけて出したらこうなった。という感じのアルバム。好みはあるが、1度聴いておいて損はない1枚です!
Beck(ベック)の「Mellow Gold 」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビュー
を見る
邦楽レビューを見る