無印良品のケーブル編みニットを使ったコーディネート!

スポンサーリンク


Pocket

muji

昨日、六本木に安藤忠雄展を観に行ってきました。
実際に安藤忠雄の建築物もいくつか現物を見たりしていますが、見たことないものも知ることができて、非常に楽しかったです。
非常に見応えのある展示でした。

やっぱり自分の仕事に誇りを持って全力で取り組む人からは素晴らしいパワーを感じますね。
自分も同じように仕事に取り組めているか?と考えるとなかなか疑問なところですね…。

スポンサーリンク

無印良品のケーブル編みニットを使ったコーディネート

さて今回は、無印良品のケーブル編みニットを使ったコーディネートをご紹介します。
冬のコーディネートに欠かせないアイテムといえば、ニットですよね。
とくにミドルゲージあたりのニットはかなり重宝するアイテムです。
私はZANONE(ザノーネ)やDrumohr(ドルモア)などのインポートもののニットも所有していますが、それらをいくつも買うのは財政的に難しいですよね。
(プロパー価格だと3万円代中盤くらいなので、私のようなサラリーマンには厳しいです…。)

そこでおすすめなのが、今回ご紹介する無印良品のアイテムです。
ウール100%で、サイズもXSからありますので、私のような華奢体型でも問題なく着られます。
価格も約6,000円と、二色買いもしやすいですね!(良品週間などを利用すればさらに安く手に入りますしね。)
私はネイビーとホワイトの二色買いを実施しました!
では早速コーディネートのご紹介です。

ケーブル編みニット1枚のコーディネート

muji

muji

ニット:無印良品
パンツ:A.P.C.(アーペーセー)
シューズ:Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)
ベルト:J&M Davidson
※168cm、54kgでXSサイズを着用。

まずは1枚で着用してみました。
まあ、普通ですね…。写真だと分かりづらいかもしれませんが、サイズ感はかなりいい感じです。
でもコーディネート的には、これだけで外出することはないかな、という感じです。

muji

muji

続いて、中にシャツを着てみました。
ニットのカラーもネイビーにしています。
一気に爽やかコーディネートになりました。
義母と会うときなんかに良さそうです。

HERNO(ヘルノ)のダウンベストとのコーディネート

muji

muji

ダウンベスト:HERNO(ヘルノ)

※他のアイテムは先ほどと同様です。
最近お気に入りのHERNO(ヘルノ)のダウンベストとコーディネートしてみました。
これはなかなかいい感じかなと。秋〜初冬くらいまでなら防寒性も十分です。
車移動がメインの人なら真冬もこれくらいでいいかもしれませんね。
でも私の生活スタイルではとても真冬は耐えられません!

Barbour(バブアー)ビデイルSLとのコーディネート

muji

muji

アウター:Barbour(バブアー)

最後はアウターも合わせたコーディネートです。
おなじみのBarbour (バブアー)のビデイルSLです。
これで防寒性は完璧です。
まだこのコーディネートで真冬を体験していませんが、全く問題ないのではないかと思っています。
真冬はほぼこのコーディネートに固定されそうです!

スポンサーリンク

ケーブル編みニットを使ったコーディネートまとめ

ニットは冬の定番アイテムで、かつ使用頻度も高いアイテムだと思いますので、なるべくならリーズナブルに手に入れたいですよね。
この価格ならほつれたりしてもショックは小さいです。
「インポートもので勝負ニットを1枚持っておいて、普段は無印良品を着用」なんて使い方もアリかと思います。

とくに今回のように、ダウンベストを着たりすると、袖しか見えないし、さらにアウターを着ればほぼ見えません。
そこに数万円の投資をするか?と考えると、無印良品で十分です。
本音を言えばそれも全てインポートで揃えたいですが、現実的に難しいです。

なので私はある程度リーズナブルに入手できて、品質も納得できる無印良品は密かに愛用しています!
以上、無印良品のケーブル編みニットを使ったコーディネートのご紹介でした。
コーディネートの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク