【洋楽アルバム】Eagles「Desperado」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

Desperado

さて今回はEagles(イーグルス)の「Desperado」をレビューします。
Eagles(イーグルス)はアメリカのロックバンド。
世界的にも超有名バンドなので、今さら説明は不要かと思いますが、カントリーロックを基調にした音が魅力のバンドです。

Eagles(イーグルス)「Desperado」レビュー

Eagles(イーグルス)の「Desperado」は1973年発売の2ndアルバムです。
あまりに美しいバラードで誰もが知っているタイトル曲の「Desperado」を筆頭に、その他もカントリー色と綺麗なメロディの楽曲たちが楽しめるアルバムです。


スポンサーリンク

では全曲レビューします。

1.Doolin Dalton

アコースティックギターのストロークとブルースハープがノスタルジーを感じさせるオープニングナンバー。
ボーカルが入った瞬間に一気にイーグルスの世界に引き込まれます。
サビはリズム隊とコーラスも入り、切ないながらも賑やかな音に。
この声とメロディは唯一無二ですね。名盤の予感を感じさせる1曲。

2.Twenty-One

打って変わって軽快で楽しげなカントリーナンバー。
これは踊りたくなります!
アルペジオの音が非常に気持ちいいですが、これはマンドリンですかね。
さらにそこに乗っかるスライドギターもいい味を出しています。
ボーカルもメロディアスながらも元気いっぱいで、この曲の楽しげな雰囲気をさらに引き立てます!

3.Out Of Control

お次は歪んだギターのロックンロールナンバー。
通しで聴くと、1曲目からだんだんテンション上げてくる感じで、非常に楽しくなります。
がなり声のボーカル、歪んだギターリフに、ハモリの効いたギターソロ。
ボーカルの美味しいところに合わせたブレイクなど、1〜2曲目とは打って変わって熱い1曲。

4.Tequilla Sunrise

ロックでテンション上げられたあとはクールダウンのカントリーバラード。
ちょっとニール・ヤングっぽさのあるしっとりメロディ。
ところどころで入るスライドギターがリラックス感を醸し出します。
不快な部分の全くない、非常に良質な1曲。

5.Desperado

言わずと知れた大名曲。
イントロのピアノからアウトロまで、完璧なバラード。聴いた瞬間に涙が出てきます。
歌メロディはこれ以上ないほど繊細で美しく、それでいてサビ部分のハイトーン部分は力強さも感じられます。
いろんな一流アーティストがこぞってカバーするのも納得な名曲。
感動を与えるっていうのはこういうことなんですね。

6.Certain Kind Of Fool

アコースティックギターのストロークのリフに、いきなりハイトーンで入ってくるボーカル。
メロディはハードロックのようにハイトーン続きですが、演奏はアコースティックをメインにしたバンドサウンド。
カントリーとハードロックを掛け合わせたような1曲。

7.Doolin Dalton [Instrumental]

マンドリンとアコースティックギターの高速アルペジオを切り出した、1曲目と同タイトルのインストナンバー。50秒足らずで終了。

8.Outlaw Man

7曲目のアウトロからそのまま続きで始まるロックナンバー。
ディストーションギターが唸りつつも、やはり歌メロディのポップさは譲らないところがさすがですね。コーラスワークもお見事。
ドラムもシンバル鳴らしまくりで、かなり賑やかな曲。ラストはベースもハイポジで動き回り、ハイトーンボーカルと絡み合ってテンション全開。

9.Saturday Night

ゆったりとした落ち着くカントリーバラード。
イントロのトレモロフレーズはマンドリンですかね。
三拍子にスローなテンポに絡みつく歌メロディは極上。さらにお得意の多重コーラスも重なって、非常に幸せな気分になれる1曲。
なにも考えずにボーッと聴きたい曲です。

10.Bitter Creek

歌を主役にしたカントリーフォークナンバー。
アコースティックギターでチョーキングしてみたり、印象的なハーモニクスを出したりと、歌を引き立てつつも演奏も聴きどころたくさん。
リズム隊はあまり前に出てこずに、弦楽器の演奏をメインに組み立てるトラック。
ボーカルは美メロという類ではないてすが、コーラスワークと重なり、かなり心地よく聴くことがてきます。

11.Doolin Dalton / Desperado(Reprise)

1曲目と5曲目の別アレンジ。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

率直に言って名盤でしょう。
カントリー、フォークをベースにしたアルバムですが、ロックなアプローチや踊りたくなるナンバーなども収録で幅広く楽しめます。
アルバムのジャケットからはカントリー臭がプンプンしますね…。

このアルバムの中で特筆すべきは、歌メロと美しい多重コーラスですね。
このメロディと声は本当に他では聴けないです。
特に超有名曲の「Desperado」なんかはあまりの完成度に圧倒されるしかありません。
これは時代を超えて聴き継がれる名盤ですね。
Eagles(イーグルス)の「Desperado」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビュー
を見る
邦楽レビューを見る