ちょっと差がつく?ETTINGER(エッティンガー)のIDケース

スポンサーリンク


Pocket

ettinger-idcase

突然ですが、私はお酒が飲めません。
もういい大人なので、いい感じのバーでも行きつけにしたいところですが、アルコールが合わない体質に生まれたのでどうしようもないですね。
休日の昼間から蕎麦屋で日本酒なんてのにも憧れますが、とても実現できそうにありません…。

ETTINGER(エッティンガー)のIDケース

さて今回は、ETTINGER(エッティンガー)のIDケースをご紹介します。
サラリーマンの方は社内にいるときはIDカードや社員証を常に首にかけておかなければならない方が多いと思います。
私の勤める会社もそうなのですが、会社から支給されるIDケースはどうも美しくなくていけません。

そんなところまで拘る必要もないのかもしれませんが、やはり身につけるものはなるべくテンションが上がるものにしたいですよね。
というわけで私はETTINGER(エッティンガー)のIDケースを愛用しています。


では早速ご紹介します。

ETTINGER(エッティンガー)IDケース外観

ettinger-idcase

まずは外観から。
私のものはかなり使いこんでいるのでボロボロです。
これを味ととるかどうかは…人それぞれということで。。

カラーはダークブラウンです。レザーの雰囲気がいいですね。
ただ、ETTINGER(エッティンガー)のウリのひとつであるブライドルレザーではないですけどね…。
しかしながら一般的に会社から支給されるものとはまるで違いますね。これひとつでワンランク上の印象を与えられるのではないかと。

ettinger-idcase

さすがに会社の社員証をブログに載せるのは気が引けたので、BEAMSの会員証を入れてみました。
(一応会員番号のところはマスキングしています。)
ETTINGER(エッティンガー)のロゴも裏面にさりげなくあるだけなので、いやらしさもありません。

スポンサーリンク

ETTINGER(エッティンガー)IDケースを使ったコーディネート

ettinger-idcase

ettinger-idcase

ニット:Letroyes(ルトロワ)
シャツ:TAGARUパターンオーダー
パンツ:PT01(ピーティーゼロウーノ)
シューズ:CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)
ベルト:Cisei(シセイ)

実際に着用するとこういう感じです。
だいたい会社ではいつもこういうスタイルですね。
外出の際はネクタイもしますが、それ以外は基本的にノータイです。

ettinger-idcase

ettinger-idcase

ジャケット:BOGLIOLI(ボリオリ)
※他のアイテムは上記と同様です。

続いてジャケットを着てみました。
私の所有アイテムは紺と茶色が多いので、ETTINGER(エッティンガー)のIDケースもよく馴染みますね。
こういった小物にも拘ることで、全体的なオシャレ度もアップするのではないでしょうか?

ETTINGER(エッティンガー)のIDケースまとめ

私がファッション好きな理由として、「好きなものを身につけて、自分のテンションを上げる」ということがあります。
こういった小物はテンションを上げるためにはうってつけのアイテムですね。
基本的には自己満足の世界ですが、それでいいんです。でも意外と見ている人は見ていますよ。

実際に私も「そのIDケースって自分で買ったの??」と何度か聞かれたことがあります。
会社指定のIDケースでないとダメ等あれば仕方ないですが、そうでなければ導入してみるのも楽しいですよ。
他にも定番レザーブランドのWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)や、GLENROYAL(グレンロイヤル)でもIDケースは販売されていますので、それらをチェックするのもいいかもしれません。
コーディネートの参考になれば嬉しいです。