タイドアップにネクタイピンはする?しない?

スポンサーリンク


Pocket

BVLGARI

私、スマホはiPhone5sを現役で使用していたのですが、さすがにバッテリーの持ちが危機的になってきました。
買い替えたかったのですが、最近のiPhoneはとにかく高いです。私はIIJmioユーザーなので、simフリーiPhoneを買う必要があります。
でも最新のiPhone Xなんて64GBモデルでも税込で12万円超えですからね。「それなら靴やジャケット買ったほうが…」と思ってしまうのはファッション好きの性でしょうか…。
というわけで(?)今さらながらiPhone7の新古品を安めに購入しました。
私としてはスペック的には7で十分です。Apple Payも使えますしね。最低でも3年は使用したいと思っています!

スポンサーリンク

タイドアップコーディネート

さて今回は、ドレススタイルでタイドアップする際に、ネクタイピンをするかしないかについて書きたいと思います。言い方は「タイピン」と言ったり「タイバー」と言ったり様々ですが、要するにネクタイをシャツに固定するアイテムのことです。
先に結論を書くと、私はタイピンをすることの方が多いです。
タイピンをつけている方がキッチリ感が出る気がするんですよね。
というわけでタイピンありのコーディネートとなしのコーディネートを見比べてみたいと思います。

LUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)のソリッドタイとのコーディネート

tiepin

tiepin

ジャケット:RING JACKET(リングヂャケット)
シャツ:TAGARU パターンオーダー
パンツ:GTA(ジーティーアー)
シューズ:CROCKETT&JONES(クロケット& ジョーンズ)
ベルト:J&M Davidson
ネクタイ:LUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)

まずはタイピンなしのコーディネートです。
シンプルにLUIGI BORRELLI(ルイジ・ボレッリ)のソリッドタイを使ってみました。
ネクタイはちょっとズラしてコナレ感を出したつもりです。
これはこれでアリなのですが、ややもすると「ネクタイ曲がってる。」とか「長さがあってないよ!」と思われる恐れがあります。(私は実際に妻に言われたことがあります…。)

tiepin

tiepin

タイピン:BVLGARI(ブルガリ)
こちらがタイピンを着用したコーディネートです。
タイピンなしよりキッチリした感じが出ていると思いますが、いかがでしょうか?

Brioni(ブリオーニ)の柄ネクタイとのコーディネート

brioni

続いては柄モノのネクタイです。
シャツを白に変えただけで、他のアイテムは同じです。
こちらもまずはタイピンなしのコーディネートです。
これもいいですが、定番すぎてイマイチインパクトに欠ける印象です。

brioni

タイピンをつけてみました。
やはりキチンとしており、清潔感もアップした印象です。

スポンサーリンク

タイピンを使用するメリット

すでにお伝えしたとおり、「タイピンを使用することで、キチンとした印象を与えることができる」ということが挙げられます。
特に他社との商談などが多い方なんかは、「コナレ感」を出しても相手に「なんかだらしないな」と思われてしまっては大問題ですので気を遣いたいところです。
(タイピンなんてアクセサリーをつけるのはどうなんだ?という意見もありそうなので難しいところですが…)

もう1つは「ノットを立体的に見せられる」ということがあります。横から見ると多少わかりやすいかと。

brioni

まずタイピンなしです。これでもいいのですが、ネクタイの表情がのっぺりしている印象です。

brioni

タイピンありです。
ちょっとだけですが、ネクタイが上向きになって立体感が出ているのがわかりますでしょうか?
ほんのちょっとの違いですが、ファッション好きとしてはこだわりたいところですね。

あとはトイレの時にネクタイが邪魔にならないのも現実的なメリットかと!

タイドアップコーディネートまとめ

色々書きましたが、タイピンありもなしも一長一短あるので、どちらが正解という話ではありません。
完全に好みの世界ですね。私もタイピンなしにする時もあります。
私が愛用しているのはBVLGARI(ブルガリ)のタイピンで、かれこれ8年くらい使っています。
あまりハイブランドのアイテムは持っていませんが、このタイピンはビビッときて買った記憶があります。
結果的に飽きずに長く使えています!

ちなみに私はタイドアップにジレやカーディガンを着る際にも、クセでタイピンをつけています。
(意味あるのかどうかはよくわかりませんが…。)
良し悪しはともかくとして、ちょっとしたアクセントになることは間違いないアイテムだと思いますので、チャレンジするのも面白いのではないでしょうか?
コーディネートの参考になれば嬉しいです。