HERNO(ヘルノ)リバーシブルダウンベストを使ったコーディネート②「インナーとして使用」編

スポンサーリンク


Pocket

herno-downvest

最近ドレスシャツの洗濯について悩んでいます。
私が働く部署はカレンダーどおりの出勤なので、月〜金まで出勤というサイクルです。そのため、土曜にまとめてクリーニングに出しているのですが、シャツのボタンを割られる確率が非常に高いんです。
機械で対応しているから仕方ないというのがお店の気持ちなのでしょうが、ファッション好きとしてはかなり我慢なりません。
(一応割れた場合は代わりのボタンをつけてくれるのですが、それがまたダサいのです。)

それなら毎朝自分でアイロンしようと言いたいところですが、さすがにそれも面倒ですからね…。
非常に悩ましい問題です。近所にもうちょっとクオリティの高いクリーニング屋さんがあればいいのですが…。
ファッション好きのみなさんはどうされているのか気になるところです。

スポンサーリンク

HERNO(ヘルノ)リバーシブルダウンベストをインナーとして使ったコーディネート

さて今回はHERNO(ヘルノ)のリバーシブルダウンベストをインナーとして使用したコーディネートをご紹介します。
前回、「HERNO(ヘルノ)リバーシブルダウンベストを使ったコーディネート「アウターとして使用」編」と称した記事を書きましたが、今回はその続編です。

私がHERNO(ヘルノ)のリバーシブルダウンベストを購入した理由として、「手持ちのアウターが防寒性に乏しい」という思いがあったのは前回お伝えしたとおりです。
というわけで今回は満を持して手持ちのアウターたちとのコーディネートをご紹介します!

 Barbour(バブアー)ビデイルSLとのコーディネート

herno-down

herno-down

アウター:Barbour(バブアー)
ダウンベスト:HERNO(ヘルノ)
ニット:ZANONE(ザノーネ)
パンツ:A.P.C.(アーペーセー)
シューズ:CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)
ベルト:J&M Davidson

私お得意のBarbour(バブアー)ビデイルSLと合わせたコーディネートです。
Barbour(バブアー)は街中でかぶる比率が非常に高いアイテムですが、このコーディネートをしている人はあまり見かけませんので、かぶり防止にもいいかもしれませんね。
保温性については、まだ真冬が来ていないのでなんとも言えませんが、相当暖かいです。これだとおそらくストールは必要ありませんね。

herno-down

ついでに(?)ネイビーのビデイルSLも着てみました。
ネイビー×ネイビーでシックな印象になりますね。これもアリかと。
ただ、ZANONE(ザノーネ)のミドルゲージニットはかなり肉厚なので、このコーディネートだと首回りが若干窮屈ですね。
タートルではなく、クルーネックのミドルゲージニットにするのが良さそうです。

herno-downvest

herno-downvest

さらにバークのビデイルSLを着用しました。
中のコーディネートはLetroyes(ルトロワ)のカーディガンに変更しています。おかげで首回りにもかなりゆとりができました。
HERNO(ヘルノ)のダウンベストも、グレージュ側に変更し、アースカラーを基調にしたコーディネートです。
これもなかなかいい感じではないでしょうか?

スポンサーリンク

MACKINTOSH(マッキントッシュ)のキルティングジャケットとのコーディネート

herno-down

herno-down

続いてMACKINTOSH(マッキントッシュ)のキルティングジャケットです。
これまた真冬には厳しいアウターです。
着てみる前は「このコーディネートは正直ナシだろう」と思っていましたが、着てみるとなかなかどうして悪くありません。
たぶんこのコーディネートはHERNO(ヘルノ)の上品さがあるからこそ成り立つように思います。
ユニクロのダウンベストではこうはいかないでしょう。
(意外と周りからみたらわからないかもしれませんが…。)

MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートとのコーディネート

herno-downvest

herno-downvest

ラストはMACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートとのコーディネートです。
これはネイビー×ネイビーのワントーンスタイルでいきたいところですが、あえてグレージュ側にしてみました。
まぁグレージュがネイビーと合わないなんてことはありえませんから、もちろん相性は非常によいですね。
MACKINTOSH(マッキントッシュ)のゴム引きコートは前開けでもいいですし、前を閉じて首元だけダウンベストが見える着こなしもかっこいいです!

HERNO(ヘルノ)リバーシブルダウンベストのまとめ

さて2回に渡ってご紹介してきましたが、やはりお気に入りポイントとしては、かなりいろいろ着回しができることですね。
リバーシブルのアイテムは、実際には片面しか使わないこともあるので、今回もネイビーだけ使えればいいや。という気持ちでしたが、グレージュも同じレベルで使用できそうです!
あとは当たり前ですが、非常に暖かいです…。胴体部分だけとはいえ、保温性は手持ちのアウターとは雲泥の差です。
今年の冬が楽しみになってきました。

あとはとにかく軽い!ということもポイントですね。Barbour(バブアー)のオイルドクロスはMACKINTOSHのゴム引きクロスなど、苦行のように重たい生地のアウターばかり着ている私には衝撃の軽さです。
こんなに軽くて暖かいなんて…。もっと早く買っておけばよかったです。
唯一の問題点としては、「多分ダウンジャケットも欲しくなる」ことですかね…。まだ着込んでいませんが、すでにHERNO(ヘルノ)のダウンジャケットを物色している自分がいます。なんとかセールで入手したいですね。
以上、HERNO(ヘルノ)のリバーシブルダウンベストを使用したコーディネートのご紹介でした。
コーディネートの参考になれば嬉しいです。