【邦楽アルバム】ハナレグミ「帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。

さて今回は、ハナレグミの「帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ」をレビューします。
ハナレグミは日本のシンガーソングライター、永積タカシのソロユニット。これ以上ないほど優しいメロディに綺麗な歌声が魅力のアーティストです。
一方で元SUPER BUTTER DOGのボーカルということもあり、ファンク調の楽曲も得意です。

ハナレグミ「帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ」レビュー

ハナレグミの「帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ」は2005年発売の3rdアルバムです。
ハナレグミのアコースティックソング集といった趣のアルバム。
とにかく素晴らしいメロディとじっくり向き合える1枚です。

では全曲レビューします。

1.ティップ ティップ

アルバムの幕開けは静かで優しくチャーミングなポップソングから。
アコースティックギターをメインに、ボリューム奏法を駆使したスライドギターも優しい曲調に非常によく合います。
しょっぱなからハナレグミ節全開の綺麗なメロディにヤラレてしまいます。

2.督促嬢

さらっと鳴らすアコースティックギターのコード弾きに口笛が楽しげな明るめポップソング。
タイトルからすでに楽しいですが、歌詞もなかなか聴いたことのない世界観です。
曲の展開的には山があるわけでもなく、わりと淡々としていますが、メロディも楽しげで、聴いててテンションが上がる1曲です。

3.かえる

これも歌詞の世界観が不思議な曲。
リズム隊は入らず、演奏はギターやピアノのみ。イントロのリフをなぞったファルセット混じりの歌メロも秀逸。
「嫌になっちゃうよ 嫌になっちゃうよ かえるになっちゃうよ」という歌詞をかけるだけで凄いと思うのですが、さらにメロディと合わさることで、唯一の世界観が完成します。

4.僕は君じゃないから

アコースティック・ロックンロールナンバー。
しっかり詰め込まれ、言葉が溢れるほどの歌詞と、ジャカジャカ鳴らすアコースティックギターの絡みがカッコいい。
「何がよくて 何が悪いかなんて 天気できまること」など、歌詞も非常にグッときます。
終盤のギターソロも、枯れた音で非常にシブいですね。
最後に「手が痛い」の雑談が入るところはハナレグミらしい演出ですね。

5.男の子と女の子

くるりのカバー曲。
ハナレグミらしく、アコースティックギターでのカバーですね。
原曲をいじくり回すことなく、シンプルにメロディを活かしたアレンジ。
こういうシンプルなバラードは永積タカシの本領発揮ですね。

6.ねむるのまち〜Tidur Tidur〜

こちらもギター弾き語りナンバー。
タイトルどおり、メロディといい、演奏といい、非常に可愛らしい1曲。
このコード感と、感動を与えるメロディは素晴らしい。サビのF#dimのコードがかなり効いていますね。
これを歌いこなせるのは永積タカシだけですね。
おもちゃ箱の中の世界のような、聴いた瞬間に別世界に連れて行ってくれる曲。

7.ハナレイ ハマベイ

歌詞はなく、ずっと楽器のメロディをなぞって歌う、永積タカシの声を存分に楽しめる1曲。
ところどころにはさむ、「yeah」や「all right」という何気ない言葉が洋楽っぽく、ルーツを感じさせる楽曲ですね。

8.踊る人たち

アコースティック・ダンスナンバー。
これはすごい。バラード的な泣けるメロディでありながら、かつ踊りたくなるという不思議な曲です。
CDでじっくり聴いても心地よいですし、ライブだと合唱したくなる、ノリノリナンバーになります。
アコースティックギターのリフをメインに、フルートやスライドギターで彩りを添え、美しさを増しています。

9.ボク・モード キミ・モード

アコースティック・ブルース。
優しくつま弾くギターとブルースハープのイントロで一気に空気が変わりますね。
メロディも演奏もとことん優しいのに、なぜだか男らしさを感じる1曲。
「時計じかけの スウィンギン 月までとどく ハミング」などの歌詞もいかにもこの曲とマッチしますね。

10.はなれ びいと

インストナンバー。民族調の静かなリズム。途中から入ってくるワウの効いたギターソロが非常にシブい。
古いロック魂を感じさせる1曲。

11.明日へゆけ

極上のアコースティックバラード。
ひたすらに優しく、泣けるメロディ。歌詞も素晴らしく、涙なしに聴くことはできません。
「ねぇ いいでしょ たまには ずるくても」など、ダメな自分を赦してくれる言葉たち。疲れきっているときにボーッと聴きたい1曲ですね。
ギターと歌、ただそれだけ。でもその2つがそれぞれ極上。

12.ありふれた言葉

ROCKING TIME(ロッキング・タイム)のカバー曲。
くるりのカバーと同様、原曲のもつメロディの良さをシンプルに活かしたアレンジ。
やはりこういうアレンジで美しいメロディを歌わせたらこの人の右に出るものはいないですね。

13.Happy Birthday To You

誰もが知っている誕生日ソング。
冒頭ハッピーバースデーのメロディを歌った後はセッション調に。
ブルースハープのソロが非常にシブいですね。
なんだかよくわからない勢いのまま、アルバムは終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

カバー曲を交えたバラエティに富んだアルバム。
しかしながらとっちらかることなく、全曲「アコースティック」を軸に構成されています。
ハナレグミの魅力として、大きく「優しいメロディのアコースティックナンバー」と「ファンキーなおバカナンバー」があるかと思いますが、このアルバムは前者の名曲集といった感じです。
フルートやブルースハープなど、アコースティックギター以外の楽器も柔らかい音で、いくら聴いても疲れません。ひたすらに心地よいアルバム。
じっくり聴いても、BGM的に聴き流しても優しく暖かい世界にどっぷり浸れる1枚です。
ハナレグミの「帰ってから歌いたくなってもいいようにと思ったのだ」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る