【洋楽アルバム】Weezer 「Maladroit」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

Maladroit

さて今回は、Weezer(ウィーザー)の「Maladroit」をレビューします。
Weezer(ウィーザー)はアメリカのパワーポップバンド。ボーカルのリヴァース・クオモが紡ぎ出す泣きメロと、元気いっぱいの歪んだギターが特徴のバンドです。
特に歌メロディは一度聴くだけで虜になるほどレベルが高いです。

Weezer 「Maladroit」レビュー

Weezer (ウィーザー)の「Maladroit」は2002年発売の4thアルバムです。
全体的に前作「The Green Album 」に近いアルバムですね。シンプルでコンパクトな楽曲たちですが、もちろん持ち味の泣きメロは健在です。

では全曲レビューします。

1.American Gigoro

かなりヘヴィに歪んだギターのミュート混じりのリフから始まるロックナンバー。
冒頭のボーカルはラップ調。音はヘヴィだが中身はポップ。裏声のコーラスなどでもポップ感を押し出します。
サビは一気に明るいパワーポップに。メロディ自体は低めの音階で、どちらかと言うと淡々とした歌い方なのですが、テンションが上がるのが不思議。
Weezer (ウィーザー)らしい幕開けです。

2.Dope Nose

冒頭の「ウォーオォ、ウォーオーオーオォー」のコーラスからテンションMAXのパワーポップ。
気持ちよく歪んだギターのリフも曲によく合っています。
これ聴いて楽しい気分にならない人はまぁいないでしょう。
極上パワーポップチューン。

3.Keep Fishin’

さらに畳みかけるようなポップソング。ピクニックにでも行きたくなるような軽快な演奏から始まりますが、サビになれば倍の速さで刻むコード弾きでロックな印象に。
やはりここでも光るのはメロディ。ギターなんかは結構歪んでいるのですが、メロディの良さが際立つためにあまりヘヴィさは感じません。

4.Take Control

こちらはヘヴィさが売りのロックチューン。
冒頭のリフから、ブリッジミュート混じりのフレーズがメタル調。
この曲はサビでもヘヴィでダークな雰囲気を保ったままですね。

5.Death And Destruction

ゆるーいテンポの3拍子バラード。クリーントーンのギターのアルペジオに、囁くように歌うリヴァース・クオモのボーカルはゆりかごのように心地よい。
サビ部分は歪んだギターも顔を出しますが、攻撃的ではなくあくまでもソフトで優しい展開。
元気な曲が多いアルバムの中で貴重な1曲です。

6.Slob

マイナー調のロックナンバー。
冒頭から絞り出すようなハイトーンボーカルがグッときます。粒が細かく歪んだギターのアルペジオとの相性も抜群。サビはオクターブ奏法を用いて、ややメロコアっぽいアプローチでポップさを演出します。
その演奏と、ギリギリ地声で出し切るボーカルとの絡みも聴きどころです。

7.Burndt Jamb

軽快なドラムに、ボサノヴァ風のギターカッティングから始まるオシャレナンバー。
いつものWeezer(ウィーザー)とは趣の異なるナンバーですが、違和感なく「Weezerの曲」になっているのが素晴らしい。
演奏のやり方は違えど、キレイなメロディという点では他の曲と共通点があるからですかね。非常に良曲。

8.Space Rock

こちらは軽快でポップなギターロック。
冒頭のディストーションギターのフレーズからの「フッフフッフ…」のコーラスが可愛らしい。
本編は1:50ほどと、あっという間に終わってしまいますが、短い時間でも持ち味の泣きメロが炸裂するWeezer (ウィーザー)らしいナンバー。

9.Slave

これはザ・ウィーザーな泣きメロギターポップ。
ディストーションギターのコード弾き、エイトビートのドラム、土台を支えるベース。全てがシンプル。本当に余計なことをせずに、曲の良さに任せたアレンジですね。
リヴァース・クオモも非常に歌いやすく、気持ちよく歌える1曲なのではないでしょうか。
とにかくこのメロディは聴いてもらいたいですね。

10.Fall Together

ヘヴィなディストーションの効いたギターリフから始まるロックナンバー。
グリッサンドやワウを使ったり、かなり男臭いロックの要素満載。
ギターソロのスケールもまさにロック。
いつもどおり、サビのメロディはWeezer節炸裂ですが、それよりも演奏のカッコよさを聴きたい1曲。

11.Possibilities

ノリノリ元気なパワーポップナンバー。バックコーラスがさらなる元気さを与えてくれます。
メロディは低めの音で、意外と淡々としているのですが、ジャカジャカかき鳴らすギターでグイグイ引っ張られます。
リヴァース・クオモという男は低音でも高温でも素晴らしく泣きの入ったメロディを作ってきますね。この才能は凄すぎ。

12.Love Explosion

これまた泣きメロのパワーポップ。
アルバム終盤は得意の展開で、これでもかと畳みかけてきますね。
楽しげでハネるようなAメロから少し落ち着いたBメロを挟み、サビでは全員でジャンプしたくなるメロディ。
この展開でテンション上がらないほうがどうかしてます!
とにかくカッコいい。大音量で聴きたい1曲。

13.December

ラストは三拍子のバラード。
タイトルどおり、冬にじっくり聴きたい超極上メロディ。
どことなくクリスマス感もあります。
盛り上げる部分も、しっとり歌う部分もあり、非常によくまとまった1曲。ラストナンバーにふさわしい名曲。
ラストのギターと歌、コーラスだけになる部分は涙が止まりません。
壮絶に泣かされたところでアルバムは終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

一言で言うなら非常に良質なパワーポップアルバムです。
前作のシンプルさを踏襲しつつ、オシャレ感のある楽曲や、ヘヴィな曲など幅広く楽しめる1枚。
しかしながら根本にあるのはとにかく素晴らしいメロディ。ここだけは絶対にブレないのがWeezer(ウィーザー)。
この極上メロディにリヴァース・クオモの声が絡むともう泣くしかありません。この人の声は高い音でも低い音でもマッチするんですよね。
本当に不思議な声です。
モヤモヤしている時や、 スカッとしたいときにオススメしたいアルバムです。
Weezer (ウィーザー)の「Maladroit」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る