【邦楽アルバム】ハナレグミ「日々のあわ」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

日々のあわ

さて今回は、ハナレグミの「日々のあわ」をレビューします。
ハナレグミは永積タカシのソロユニット。
優しく包み込むような歌声とメロディが心に響くアーティストです

ハナレグミ「日々のあわ」レビュー

ハナレグミの「日々のあわ」は2004年発売の2ndアルバムです。
あいかわらずの優しく繊細でポップなメロディにまったりとした演奏が胸を打ちます。
どこからどう切り取っても永積タカシワールド前回で、非常にレベルの高いアルバムです。

では全曲レビューします。

1.うららかSun

明るいカントリーナンバー。
1曲目にふさわしく、ノリのよい、楽しげな1曲。
このメロディはハナレグミならでは!
「うららか〜」の部分のコーラスも素敵。
また、バックの演奏も古き良き時代を感じさせ、非常に心地よいです。

2.レター

アコースティックギターの元気なカッティングから始まる横ノリナンバー。
ホーンの音が賑やかさをプラス。
優しくも切なく、泣けるメロディの多いこのアルバムの中では異色な存在と言えるでしょう。

3.マドベーゼ

フワフワ踊りたくなる美メロバラード。
なんといっても歌詞が秀逸ですね。
「何ももとめぬほどに 伝わる愛」など、名言が満載です。
あとはその歌詞に負けないほどキレイなメロディ。誰もが聴くだけで暖かい気持ちになれる曲です。
それを歌いこなす永積タカシの声はさすが。

4.ハンキーパンキー

アコースティックバラード。
これは永積タカシのメロディメイカーとしての本領発揮ですね。
美しく、甘いメロディに、優しくも力強いボーカル。
さらにシンプルで諭されるような歌詞で、癒されること間違いなしです。
バックの演奏も、音のひとつひとつが極上のメロディを引き立てており、全てが一体となった名曲。

5.さらら

続いてもアコースティックギターをメインとした切ないバラード。
静かになるピアノの音が切なさを際立たせます。
また、歌詞が泣けるんです。
「この先君が どんなに変わってもいいよ」など、優しいメロディともマッチして、非常に心打たれます。

6.嘆キッス

ノリノリでスピード感溢れるカントリーナンバー。
ブルースハープがカッコいい。
こういう楽しげナンバーも永積タカシの得意パターンですね。
歌詞や歌い方はコミカルですが、シャウトなんかは非常に本格的。
ルーツを感じさせる高レベルな1曲。

7.きのみ

アコースティックギターのアルペジオに、語りかけるように暖かいボーカル。
冒頭の「うつむきがちな時も その身を 責めなくてもいいよ それが 君らしさだよ」の歌詞でいきなりヤられてしまいます。
仕事などに忙殺されて心が荒んでしまった時に聴くと、涙が止まりません。
ギターと歌。ただそれだけ。名曲。

8.ステルトミチル

引き続き優しいバラードパートが続きます。
これまでのバラードのようにひたすらに優しい感じではありません。
バックの演奏は少しオシャレ感も出しつつ、ポップ感は損なわない、バランスのとれたナンバー。

9.心空

ウクレレのイントロから始まる、アコースティックバラード。
アコースティックギター、ドラム、ベース、キーボードそれぞれが、圧倒的にノスタルジックな歌メロディを壊さずに引き立てます。
サビのメロディはゴスペルかのようなコーラスが加わり、非常に美しい。
ラストの「ナナナナナ〜」の部分はどんどん声が重なり、かなりグッとくる展開。
懐かしい気分にどっぷり浸れる1曲。

10.Musica

ラストはアコースティックギターをメインにしながらも、他の曲とはメロディの質が異なるバラード。
優しさは相変わらずなのですが、少しひねくれたような展開。
リズム隊はなく、上ものだけで構成された独特の美しさが際立つ1曲。
程よい余韻を残しつつ、アルバムは終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

とにかく「極上のメロディ」というにふさわしい楽曲たち。
バックの演奏もメロディを引き立てることを第一に考えられている印象ですね。
特にリードトラックと言えるのは「ハンキーパンキー」ですかね。
歌詞にアルバムタイトルが入っていることからも、重要な曲であることが伺えます。
他にも「きのみ」や、「心空」なども圧倒的なメロディが楽しめます。
どれもイントロからサビまで、一貫して切なく、優しい音たち。
この心地よさを決定づけるのが、永積タカシの声ですね。これは才能としか言いようがないです。
落ち込んだ時や心が荒んだ時などに聴きたいアルバムです。
ハナレグミの「日々のあわ」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る