【洋楽アルバム】Weezer 「The Green Album」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

Green Album

さて今回は、Weezer(ウィーザー)の「The Green Album」をレビューします。
Weezer(ウィーザー)はアメリカのパワーポップバンド。まあ誰が聴いても泣けるメロディで、人気があるのも当然なバンドですね。

Weezer「The Green Album」レビュー

Weezerの「The Green Album」は2001年発売の3rdアルバムです。
徹底した泣きメロを紡ぎ出すリヴァース・クオモのボーカルを全面に打ち出したアルバム。
演奏はシンプルで、それがまたメロディを引き立てます。

では全曲レビューします。

1.Don’t Let Go

明るいパワーポップ。
このアルバムは全編そうなのですが、とにかく演奏がシンプル。
ギターはほぼ歪んだ音でのコード弾き。
それだけシンプルでもつまらなく感じないのは、やはりリヴァース・クオモのメロディですね。
この曲はわりと淡々とした歌い方ですが、お得意の泣きの要素はタップリ。

2.Photograph

ノイズのイントロから、ポップで楽しげなメロディにハンドクラップ。
この曲のポップ感を際立たせるリズム隊もグッド。
泣けるパーティーチューンといったところです。

3.Hash Pipe

ダークなディストーションギターのリフから始まるロックナンバー。
ファルセットのボーカルも雰囲気出てます。
がっつりメロディが構築された曲たちの中で、こういったパンチの効いたロックな曲は貴重ですね。
ストレートにカッコいい。

4.Island In The Sun

これは名曲中の名曲。
Weezer(ウィーザー)節全開のアコースティックバラード。
とにかく泣きメロ。コーラスのキレイさもさらに泣ける。
アコースティックギターのストローク、クリーントーンのエレキギターのアルペジオ、盛り上がり部分のディストーションギターなど、全てが曲の美しさに貢献しています。ライブでも定番の人気曲です。

5.Crab

ワウの効いたギターのリフから始まるロックナンバー。
男らしい、パンチの効いた展開。
ここでもやはりメロディの秀逸さが際立ちますね。
これだけロック感を出したトラックなのに、メロディはひたすらに泣けるんです。これはかなりおすすめ。

6.Knock-Down-Drag-Out

勢いのあるパワーポップ。
お得意のコード弾きのディストーションギターに、コーラスを多用したポップなメロディ。
まさにWeezer(ウィーザー)の世界。これだけ良メロ連発されると、否が応でも引き込まれます。

7.Smile

スローでシンプルに泣かせてくれるロックナンバー。
イントロのギターのフレーズですでに涙腺が緩みます。
リヴァース・クオモの優しい歌声とコーラス。メロディの節の多さも魅力。
サビは低音のメロディなのにこれだけ感動を呼ぶのはさすがの一言。

8.Simple Pages

言葉をぎっちりと詰め込んだラップのようなボーカル。
タイトルどおり、ひたすらにシンプルで余計なものは削ぎ落とした曲。
Weezer(ウィーザー)のいいところだけを抽出して凝縮させたような1曲。

9.Glorious Day

マイナー調のロックナンバー。
パワーコードをかき鳴らすギターに乗っかるリヴァース・クオモの淡々としながらもメリハリのあるメロディ。
これもまた、このアルバムの得意パターンです。もちろん秀逸な曲。

10.O Girlfriend

このアルバムでも最高レベルの泣きメロナンバー。
演奏自体は淡々と進むし、曲の尺も4分未満とコンパクトながら、ひたすらに泣かせてくるメロディ一発で引き込まれます。また、コーラスワークのキレイさも特筆すべき要素ですね。
非常に心地よい余韻を残してくれる1曲。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

1st、2ndに比べて、かなりコンパクトにまとめてきたな、という印象です。
もちろん全曲素晴らしいのですが、これまでのアルバムにあった得体の知れないエネルギーや荒削り感、時々見られたバカっぽさなどは無くなりましたね。
また、曲の展開もシンプルかつ短いものがほとんどです。そのあたりはちょっとパンクっぽくなった感じですね。
しかしながらメロディは極上。これだけ泣けるメロディを連発できるのは驚きですね。
演奏がシンプルな分、前2作よりもじっくりメロディと向き合える作品になっていると思います。誰が聴いても感動できる良メロ集。
Weezerの「The Green Album」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る