Drumohr(ドルモア)のタートルネックニットを使った着こなし

スポンサーリンク


Pocket

Drumohr

11月1日からビームスのダブルポイントキャンペーンが実施されますね。
インポートファッション好きとしては心が踊るタイミングのはずですが、残念ながら欲しいものがありません…。
本当はダウンベストが欲しくてずっと探しているのですが、なかなか良さそうなのがないのです。

実は昨年出ていたHERNO(ヘルノ)のリバーシブルダウンベストが欲しいのですが、今年は出ていないみたいです。
やっぱり「欲しい」と思うものがあれば、すぐに手に入れておかないとダメですね。

さて今回はDrumohr(ドルモア)のタートルネックニットを使った着こなしをご紹介します。
Drumohr(ドルモア)のといえば、「世界最古のニットブランド」ということで有名ですね。
世界最古だから素晴らしいかどうかはわかりませんが、単純にニットの手触りや、作られるアイテムが好みなので、私は好きなブランドです。

スポンサーリンク

Drumohr(ドルモア)のタートルネックニットを使ったコーディネート

では早速コーディネートのご紹介です。
タートルネックニットはカジュアルスタイルで、デニムパンツと合わせてみました。
(私はカジュアルスタイルでは基本的にほぼデニムしか履きません。色落ちを楽しみたいというのと、汚れ等気にせずに履きたいからです。)

Drumohr

Drumohr

ニット:Drumohr(ドルモア)
パンツ:A.P.C.(アーペーセー)
ベルト:J&M Davidson
シューズ:adidas(アディダス)

※168cm,54kgで42サイズを着用しています。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、ケーブル編みのタートルネックニットです。
個人的にはシューズをadidas(アディダス)のマイクロペーサーにしたのもポイントです。
これは15年くらい前に復刻されたモデルですね。当時は並ばないと買えなかった記憶があります。
今履いても非常にカッコいいと思います。
ただ、コーディネートとしては、タートルネック1枚だとあまり面白みもなく、イマイチかなと思っています。

Drumohr(ドルモア)のタートルネックニットにジャケットを着用

先ほどのコーディネートにジャケットを着用してみました。

Drumohr

Drumohr

ジャケット:RING JACKET(リングヂャケット)
ニット:Drumohr(ドルモア)
パンツ:A.P.C.(アーペーセー)
ベルト:J&M Davidson
シューズ:adidas(アディダス)

ジャケットを着ると結構サマになったのではないでしょうか?
このRING JACKET(リングヂャケット)のジャケットはチェック柄にインパクトがあり、冬はかなり活躍します。
ラペルの返りが好みじゃないのが玉にキズですが、それでもお気に入りのジャケットです。
マイクロペーサーにジャケット、個人的には結構アリなんじゃないかと思っています。

スポンサーリンク

Drumohr(ドルモア)のタートルネックニットにアウターを着用

最後にアウターを着用してみます。
アウターはおなじみのBarbour(バブアー)のビデイルジャケットSLです。

Drumohr

Drumohr

アウター:Barbour(バブアー)
ニット:Drumohr(ドルモア)
パンツ:A.P.C.(アーペーセー)
ベルト:J&M Davidson
シューズ:adidas(アディダス)

とにかく冬になるとBarbour(バブアー)のビデイルSLが着たくなります。
無骨な感じがたまりません。
タートルネックともよく合いますね。色もネイビーなので、無難に合わせられます。
一方で面白みはないですが、そこはマイクロペーサーの明るいカラーリングでカバーしたつもりです。

今回のようにジャケットとのコーディネート以外にも、インナーダウンベストを着たりするのもカッコよさそうですね。
私も今季は是非チャレンジしたい着こなしです。
以上、Drumohr(ドルモア)のタートルネックニットを使った着こなしのご紹介でした。コーディネートの参考になると嬉しいです。