【邦楽アルバム】坂本慎太郎 「幻とのつきあい方」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

幻とのつきあい方

さて今回は、坂本慎太郎の「幻とのつきあい方」をレビューします。
坂本慎太郎は、ご存知元ゆらゆら帝国のギターボーカル。
サイケでありながらポップな浮遊感を感じさせるアーティストです。

坂本慎太郎 「幻とのつきあい方」レビュー

坂本慎太郎の「幻とのつきあい方」は2011年発売の1stアルバムです。
ゆらゆら帝国ほどのサイケさは感じませんが、全面に押し出されるポップさの裏側にひっそりと潜むサイケとカオスが魅力的な1枚。
あまり音楽を聴かない人も楽しめるでしょうし、ディープな音楽が好きな人にもウケるであろう、この雰囲気は他のアーティストには出せません。

では全曲レビューします。

1.幽霊の気分で

軽快なドラムのポップソング。
カウベルのような音がバカっぽい。
坂本慎太郎は相変わらずのフワフワボーカルで、目をつぶって体を揺らしたくなります。
女性コーラスの重なり具合も非常に心地よい。

2.君はそう決めた

ギターのカッティングをメインに、サイドから単音リフやアルペジオが聴こえてくるサイケポップナンバー。
グリグリ動くベースがポイントですね。
明らかに普通ではない曲なんですが、演奏からボーカルまでの一体感が非常に気持ちいい1曲。

3.思い出が消えてゆく

シンセのリフにディレイのかかったスライドギターがスペーシー。
もともと持ち合わせている浮遊感がさらに濃くなります。
歌詞はノスタルジックの極み。スペーシーなトラックと、坂本慎太郎の甲高い声と歌詞が混ざり合っていく様は極上です。

4.仮面をはずさないで

ファンクナンバー。ギターのカッティングがカッコいい。
間奏のワウのリフがまた良いです。
その後に入るホーンもダンス気分を煽ります。
ボーカルも相変わらずのかっこよさなのですが、この曲は演奏のカッコよさが群を抜いていますね。

5.ずぼんとぼう

ゆったりしつつもタイトなベースとドラムのトラック。
歌詞はかなり意味不明でイッちゃってますね。
ずっと同じフレーズが繰り返される、ミニマルなトラックに、重ねられる細かい音たちが気持ちよい1曲。

6.かすかな希望

明るめのポップソング。冒頭から入る女性コーラスが非常に楽しげ。
ギターのアルペジオや、ベースラインもメロディアスで聴きやすい1曲。
歌詞もタイトルどおりで、秀逸。
アルバムの中でもかなり聴きやすめの曲です。

7.傷とともに踊る

クリーントーンのギターカッティングがメインのファンクナンバー。
明るめの曲調とは裏腹に、歌詞は悲しげで、非常に共感できます。
ただのポップソングではなく、影を感じる1曲。

8.何かが違う

アコースティックギターのアルペジオに、フルートが心地よい。
めちゃくちゃにメロディアスというわけでもないんですが、なんですかねこのフワフワ感は。
ゆったり身体を揺らして聴きたい曲。

9.幻とのつきあい方

アコースティックギターの音色にハイポジションフレーズのベースの絡みから始まるポップソング。
哀愁漂う坂本慎太郎流のバラードです。
間奏のブルースハープもノスタルジーを演出します。

10.小さいけど一人前

ラストナンバーは浮遊感溢れるポップナンバー。
左右から聴こえるギター、シンセの細切れなフレーズを聴いていると、身体が宙に浮くかのような錯覚に陥ります。
終盤は坂本慎太郎の声といくつも重ねられた女性コーラスが絡み合い、いつまでもこの世界が続くような心地よさに。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

やはりゆらゆら帝国時代からのサイケさは継続。
でもサイケさだけで突っ走るのではなく、ポップソングとして聴きやすい仕上がりです。
正体不明の浮遊感もかなりのポイントです。アルバム通して一貫してこの浮遊感は継続されていて、これこそが坂本慎太郎の音なんだなと。
特にラストの「小さいけど一人前」は、サイケ、ポップ、ドリーミー、ノスタルジックなどどんな言葉を並べても表現できない世界観。
大きな音を出したり、テンポを速くしたりといったわかりやすい展開ではないのに踊りたい気持ちにさせるのは、完全に坂本慎太郎マジックですね。
坂本慎太郎の「幻とのつきあい方」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る