【邦楽アルバム】山崎まさよし 「HOME」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

HOME

さて今回は、山崎まさよしの「HOME」をレビューします。
山崎まさよしは日本のシンガーソングライターです。
アコースティックギターでのブルースを基本としたスタイルは熱く楽しく、時に優しい楽曲を奏でます。
マルチプレイヤーでドラムからギター、ピアノ、ブルースハープ等なんでもこなし、また演奏力も非常に高いプレイヤーです。

山崎まさよし「HOME」レビュー

山崎まさよしの「HOME」は1997年発売の2ndアルバムです。
有名曲「One more time, One more chance」や「セロリ」なども収録されており、かなり聴きやすく楽しめるアルバムです。

では全曲レビューします。

1.Fat Mama

スピード感あふれる踊れるブルース・ロックナンバー。各楽器のスラップがカッコいい。
山崎まさよしのボーカルものびのびと気持ちよく歌っているさまが伝わってきます。
決してメロディアスではありませんが、とにかくカッコいい。いろんな楽器が重なっていますが、しっかりまとまった1曲。

2.アドレナリン

イントロから変拍子を混ぜてくるのがニクいポップナンバー。
サビのメロディが特に聴きやすい、良曲。
尖った部分のない、誰にでも受け入れられる1曲ですね。

3.セロリ

SMAPがカバーしたことで有名なポップソング。タイトルと歌詞にインパクトがありますが、メロディも一級品。
間奏からのラップの部分は言葉を詰め込みまくりで非常にクール。
聴けば誰もが歌えるほどのポップさが素晴らしい。

4.ベンジャミン

アコースティックギターの弾き語り。切ないメロディが極上です。
ギターの音も非常に美しく、暖炉にあたってゆっくりと聴きたい1曲。

5.スクリーミン’97

アコースティックギターのリフがちょっとベンチャーズっぽいインストロックナンバー。
ボーカルはシャウトのみ。アコギのソロも渋い!

6.名前のない鳥

少し暗めのアコースティックギターのアルペジオから始まるメロディアスなナンバー。
サビのメロディと山崎まさよしのハイトーンな声はかなり気持ちよく、心に染み込んできます。
開放弦混じりのアルペジオと歌メロディの絡みが最高です。

7.コペルニクスの卵

ギターのカッティングから始まるファンクナンバー。
洋楽の美味しいところと邦楽を合わせた、センスあふれる良曲と言えますね。
間奏の楽器と歌のユニゾンもカッコいい!

8.僕らの煩悩

スライドギターを使ったブルースナンバー。
アコースティックギターのストロークも泥臭さを感じつつもキレイさがあるんですよね。
アコギの音には相当こだわっているんじゃないかと思います。
終盤のメロディにファルセット入れたり、ゾクっとする小ネタを入れてくるのが憎い。

9.夏休み

ハンマリングプリングルス混じりのアコギのカッティングでブルース感溢れて踊れる序盤から、サビになると明るいメロディに。
間奏のブルースハープも渋いですね!
山崎まさよしは、とにかく各楽器のプレーヤーとしてもレベルが高いのが凄い。

10.One more time, One more chance

言わずと知れた名曲。1番の代表曲で、誰もが聴いたことがある曲かと思います。
アコースティックギターの弾き語りがベースでトラックは味付け程度。
圧倒的なメロディで聴く人を一気に引き込むラブソングです。
ラストのサビの連発はしつこいほどですが、それが全く嫌にならないです。
山崎まさよしの声もどんどん感情を込めてきて、グングン引き込まれます。

11.ヤサ男の夢

ロックンロールナンバー!
冒頭の「ヘッ!」からもうテンション全開です。
「ヤサ男の夢〜パンパンパパラパンパパ〜」の部分はカッコ良すぎで鳥肌レベル。
このアルバム1ライブ映えする曲だと思います。ゴチャゴチャ言わずに聴いてみな!

12.HOME

ラストはアコースティックバラードのタイトル曲。とにかく丁寧にシンプルに仕上げられた1曲。
ファルセット混じりの優しいボーカルに、シンプルで奇をてらわない歌詞。
特に中盤のギターと歌だけになる部分は歌詞が沁みます…。
ラストは壮大なバンドサウンドに展開し、そのままアルバムは終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

一曲一曲のクオリティがとにかく高い。ブルースやファンクなんかを高いレベルで再現しつつも、J-POPとしての聴きやすさも融合されたアルバム。
有名な曲もあり、ライブの定番曲もありと、かなり豪華な楽曲たちです。
特にギターの響きの美しさは特筆モノで、山崎まさよしがいかにギターにこだわっているかがわかります。
あとは演奏テクニックも高レベルなので、ノリノリブルースロックでもバラードでも安心して聴けます。かと言ってテクニック自慢の曲ではなく、あくまでも曲をカッコよくするためのモノなのがまたニクいです。
山崎まさよしの「HOME」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る