【邦楽アルバム】斉藤和義 「I LOVE ME」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

I LOVE ME

さて今回は、斉藤和義の「I LOVE ME」をレビューします。
斉藤和義のレビューはいくつか書いていますが、非常に不思議な魅力のあるアーティストですね。
優しいメロディと普通の人が共感できる、ハッとするような歌詞が特徴的です。

斉藤和義 「I LOVE ME」レビュー

斉藤和義 の「I LOVE ME」は2007年発売の12thアルバムです。
斉藤和義特有の優しい声とメロディを存分に楽しむことができる1枚です。

では全曲レビューします。

1.I Love Me

アコースティックギターのリフがキレキレなロックナンバー。曲調はマイナー調。
間奏のアコギのリフにワウの効いたエレキギターが重なるところはかなり熱くなります。

2.どしゃぶりジョナサン

フラメンコ調のクラシックギターが情熱的なナンバー。こういうのは珍しいですね。
そのようにトリッキーな演奏であるにも関わらず、メロディは聴きやすいので、聴いていて楽しい曲です。

3.愛に来て

ここでオーソドックスなポップナンバー。
ストレートなラブソングでメロディも楽しく、体を揺らしたくなる1曲。
味付け程度のピコピコシンセもいい感じに楽曲に彩りを加えます。シンプルながらも楽しめるナンバー。

4.あぁ半年

スローテンポのロックバラード。
斉藤和義の優しい声に切ないメロディがマッチ。

5.男節

アコースティックギターの弾き語り。ライブでも盛り上がる曲で、なにより歌詞が最高!
「俺を選んだおまえが悪い!」など亭主関白な言葉が並びますが、その実、愛に溢れた歌詞でかなりグッときますね。

6.新宿ララバイ

終始切ないメロディのアコースティックロック。歌舞伎町あたりのホステスの話ですかね。
両親に語りかける手紙のような歌詞。
コーラスはキセルの辻村豪文ですかね。キレイな声がいい味を出しています。

7.バカにすんなよ!

スライドギターがカッコいい、アコースティック・ロックンロールナンバー。
音もガレージっぽさを出しています。
歌詞も攻撃的で、気に入らない連中のディスりが続く曲。熱い!

8.虹

明るいロックナンバー。
「幸せはいつも 退屈とワンセット」など、非常に斉藤和義らしい歌詞ですね。歌メロもポップでこちらも一緒に歌いたくなります。
ところどころに入ってくるエレキギターのリフもカッコよく、かなり完成度の高い曲。

9.トレモロ

曲名のとおり、トレモロのかかったギターのアルペジオから始まるバラード。メロディがとにかく泣けます。
こういう曲には特に斉藤和義の優しい声がよく合いますね。
疲れたときに聴くとスッと心が落ち着くような名曲。

10.嫌いになれない

9曲目の「トレモロ」に続き、良メロディのアコースティックロックナンバー。
こちらはコーラスもふんだんに使ったバンドサウンド。
どんなアレンジでもメロディの良さがあることで、ブレずに良曲になりますね。

11.かすみ草

さらに素敵なメロディのアコースティック弾き語り。怒涛の良メロ展開です。
この曲はやや悲しげなメロディと歌詞で、特に「今すぐに舟を漕ぎだせば「まだ間に合う」って言ってほしい」などの歌詞が心に刺さります。

12.Swing

ラストはロックンロール・ナンバー。がなり気味の斉藤和義の声もカッコいい。
アコースティックギターのリフにブルースハープなんかも加えて、このアルバムでも1,2を争うテンションです。
その勢いのままアルバムは終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

これはかなりいいアルバムですね。
いわゆるキラーチューンはないですが、かなりレベルの高い曲ばかり並んでいます。
アルバム通しで聴いても疲れることはなく、むしろ清々しいほどです。
個人的には特に「トレモロ」〜「嫌いになれない」〜「かすみ草」の美メロ3連発がお気に入りです。このあたりは斉藤和義の本領発揮といったところですね。
あとはロックあり、バラードあり、フラメンコありの多彩な曲が楽しめるのもポイント。
斉藤和義の「I LOVE ME」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る