【邦楽アルバム】斉藤和義 「ARE YOU READY?」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

ARE YOU READY?

さて今回は 、斉藤和義の「ARE YOU READY?」をレビューします。
私は斉藤和義が大好きです。彼の飄々とした佇まいは「あんな大人になれたらいいなぁ」と思わせますね。長く活動できているのもそういった魅力が認められているからですね。

斉藤和義 「ARE YOU READY?」レビュー

斉藤和義 の「ARE YOU READY?」は2010年発売の14thアルバムです。
斉藤和義得意の優しい歌詞とメロディはあまり見受けられず、ロックのかっこよさを全面に押し出したアルバム。

では全曲レビューします。

1.Are You Ready?

ズクズクのギターリフがロックなタイトル曲。マイナー調のメロディが印象的。やや哀愁を感じるオープニングナンバー。

2.罪な奴

イケイケのロックナンバー。
歌詞といい、歌といい、ロックとしか言いようがありません。「O-GYAH! O-GYAH!!」の部分がかっこいい。

3.ずっと好きだった

イントロのギターフレーズが素敵なライブでもよく演奏されるロックンロールナンバー。
シングル曲らしく、メロディも秀逸。また歌詞がいいんです。
こういう普通の人が共感できる歌詞を書けるのが斉藤和義の魅力ですね。

4.Stick to fun! Tonight!

スピードのある、プリング混じりのギターリフから始まるロックナンバー。
ポッキーをゴリ押ししてます。
ほぼそのリフ一本で突っ走るシンプルな曲。歌もメロディアスな感じではなく、あくまでロック。

5.Small Stone

ゆったりしたテンポのギターロック。
ほどよく歪んだギターのコード弾きに優しい歌メロディが心地よい。
演奏はずっと同じノリですが、歌メロでメリハリをつけていますね。
良曲。

6.表参道

軽快なアコースティックロックナンバー。なんだか不思議なコード感。
斉藤和義のひねくれ具合が垣間見える1曲です。

7.名前を呼んで

良メロディのアコースティックバラード。
サビのメロディは泣き系で、歪んだギターも入り、壮大なイメージに。
「恋しくなったら 名前を呼んで」なと、シンプルでオーソドックスながらもグッとくる歌詞も聴きどころ。

8.いたいけな秋

ベースのリフのイントロから、ラップが入ってきます。スチャダラのBoseが参加していますね。
サビはシンセのスペーシーな音と、斉藤和義の高音ボーカルが絡み合う。
7分超の大作。

9.黒塗りのセダン

疾走感のあるドラムにウッドベース、サックスがつぎつぎに入ってきます。
ややジャズ調の展開にジャカジャカならすアコースティックギターもマッチしています。
斉藤和義のボーカルもかっこいいんですが、それより前に演奏のかっこよさが飛んでくる1曲。

10.Don’t cry baby

ロックンロールナンバー。
古さと明るさがいい感じに絡み合う、非常に聴きやすい曲です。
女性コーラスもいい感じ。なにやら暖かい気持ちになれる曲でアルバムは終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

斉藤和義のアルバムのなかではかなりロック色が強い印象のアルバムです。
個人的には斉藤和義の暖かいメロディと優しく包まれるような歌詞に魅力を感じるので、その観点からはこのアルバムは物足りない感があります。
しかしながら3曲目の「ずっと好きだった」など、代表曲もしっかり収録されていますし、参加メンバーの豪華さも特筆すべきですね。
また、2曲目の「罪な奴」や4曲目の「Stick to fun! Tonight!」など、スカッとするナンバーも多く、楽しめるアルバムです。
以上、斉藤和義の「ARE YOU READY?」のレビューでした。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る