【邦楽アルバム】トクマルシューゴ「TOSS」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

TOSS

さて今回はトクマルシューゴの「TOSS」をレビューします。
トクマルシューゴは日本のソロアーティストです。
そんじょそこらのソロアーティストとは違い、捻くれまくりのポップソングを生み出すシンガーソングライターですね。
リコーダーや鉄琴、ピアニカなんかは当たり前で、おもちゃなんかも演奏に使用したりするアーティストです。

トクマルシューゴ「TOSS」レビュー

トクマルシューゴの「TOSS」は2016年発売の6thアルバムです。
相変わらずの捻くれ具合と、演奏に使用する音を一般募集するという斬新な試みで、また新しい境地に踏み込んだアルバムです。

では全曲レビューします。

1.LIFT

アコースティックギターから始まる四つ打ちフォークポップ。
トクマルシューゴらしく、歌メロはポップであり、その上にいろんな音が重ねられていく。
決して爆音ではないが、たくさんの音が迫ってくる感じはこちらのテンションもあげてくれます。

2.LITA-RUTA

イントロから何の音かわからないリフと、一瞬だけ違和感のあるコードと歌メロディ。
しかしその一瞬以外はとても綺麗な歌メロディとコーラス。
これは言葉で伝えるのが非常に難しいです…。
変拍子なども多用しつつも、ドリーミーなポップに仕上げているのはさすがの一言。
聴いた瞬間トクマルシューゴの曲だとわかる1曲です。

3.TAXI

各自適当に与えられた楽器やおもちゃを適当に演奏しているかのような曲。
現代版のオシャレなポッププログレとでもいったところですかね。
実験的なことをやりまくっているのにポップさを犠牲にしないのが凄い。
これもライブで演奏するのかと考えるとメンバーはゾッとしそうですが、普通に演奏するんでしょうね。

4.ROUTE

しっとりしたピアノと歌メロから始まるバラード。
美しさを追求した珍しくシンプルな曲です。
やはりメロディがいいというのが根底にあるので、ほかの複雑な曲もポップさを失わないのでしょう。

5.CHEESE EYE

ラジオから流れるクラシックのようなインストナンバー。
ミュージカルにでも使えそうな曲です。
スタイルはいつもの曲とは異なるものの、よく聴くとそれぞれの楽器のフレーズはトクマルシューゴ節全開ですね。

6.HIKAGENO

先行シングル曲。
切ないメロディを活かしたミドルテンポナンバー。
相変わらずいろんな楽器を使用していますが、ほかの曲ほどの捻くれ感はなく、シンプルな展開です。
また、珍しくディストーションをきかせたギターのフレーズや、ソロもあります。
(ライブで観たらトクマルシューゴは歪ませておらず、バンドメンバーのユミコが弾いていました。)
シングルにふさわしい曲ですね。

7.DODY

クラシックギターの調べがキレイなギターのみのインスト曲。
森の中でゆったり聴いてみたいです。
後半は力強い演奏で元気をもらえます。

8.HOLLOW

お得意の捻くれポップです。
ブレイクを多用し、パワフルなドラムが細切れに叩かれる演奏に淡々としたボーカルとコーラスの対比が面白い。
これもライブで観てみたい曲ですね。

9.VEKTOR

先行シングルのカップリング曲。
(シングル版は明和電機とのコラボでした。)
ポップなダンスナンバーといったところですが、もちろん内容的にはそんな一言ではすまない曲です。
様々な楽器の音が目まぐるしく登場し、歌メロディを彩ります。

10.MIGIRI

クラシックギターのアルペジオと囁くような歌のみの曲。
トクマルシューゴはこの曲のようなしっとり弾き語りも得意ですね。
この人は地味にギターが上手いです。
張り詰めたような緊張感のある1曲。

11.BRICOLAGE MUSIC

ハンドクラップやおもちゃなど、いろんな音を使った曲。
イントロはインドっぽいフレーズもあり、無国籍状態。
ウェブサイトやアプリで一般の人が出した音を募集して、それを使用している曲です。
もはや何が何だかわかりませんが、ちゃんとポップソングとして聴けるのです。
これはトクマルシューゴの真骨頂ですね!

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

トクマルシューゴの音楽は「バンド」という枠を完全に飛び越えてしまっていますが、このアルバムも同様です。
実験的なことを繰り返しているのに、ポップソングとして成立するセンスは天性のものですかね…。
特に最後の「BRICOLAGE MUSIC」なんかは一般募集した音をアルバムに使うというコンセプトで、非常にトクマルシューゴらしい試みだと思います。
ポップソングとしても楽しめるし、マニアもニヤリとできる展開も多いので、個人的にはもうちょっと人気が出てもいいんじゃないかなと思うんですが…。
いずれにしても、今後のトクマルシューゴの活動もさらに楽しみになる1枚です!
トクマルシューゴの「TOSS」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る