【洋楽アルバム】Dinosaur Jr. 「Without A Sound」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

ウィズアウト・ア・サウンド

さて今回はDinosaur Jr. (ダイナソーJr.)の「Without A Sound」をレビューします。
Dinosaur Jr. (ダイナソーJr.)は1980年代〜90年代にかけて活躍したアメリカのオルタナティブバンドです。
1997年にバンドは解散しますが、2005年に再結成しましたね。

Dinosaur Jr. 「Without A Sound」レビュー

Dinosaur Jr.(ダイナソーJr.) の「Without A Sound」は1994年発売の6thアルバムです。
特に目新しいことをしているわけではないですが、ダイナソーJr.のウリである爆音ギターと泣きのメロディをじっくりと楽しめる1枚です。


では全曲レビューします。

1.Feel The Pain

ミドルテンポのポップな展開からアルバムはスタート。
Jマスシスのボーカルも囁くように心地よい。
間奏はハイテンポで、ユニゾンチョーキングのキメがカッコよい。
その後は早めのテンポにお得意のディストーションギターのコードストロークもあり。
またミドルテンポに戻ったりと、なかなか目まぐるしい1曲。

2.I Don’t Think So

ユルめのアルペジオとチョーキングから始まるメロディアスなナンバー。
Jマスシスの絞り出すような枯れたボーカルと、泣き要素満点のメロディが最高!
またコーラスがいい味なんですわ…。
これはグランジ、オルタナ界でもかなりの名曲と言えるでしょう!
ヘタウマなギターソロもゾクゾクします。

3.Yeah Right

カラッとしたリフから始まるロックナンバー。
ハンマリングを多用したリフがテンション上がります!
音はカラッとしているものの、Jマスシスの歌は絡みつくようにねちっこい。
でもそれがカッコいいんですよね。
この魅力は他のバンドにはありません。
ラストの2本のギターソロは音があっているのかどうかもよくわかりませんが、細かいことはブッ飛ばすカッコよさ。

4.Outta Hand

アコースティックナンバー。
爆音ギターが ないだけに、歌メロディの良さが際立ちます。
Jマスシスのかすれた声が非常に切ない。
グランジ、オルタナ好きではない人にも聴いてもらいたい。

5.Grab It

しょっぱなから爆音ギター炸裂。ハンマリング混じりのアルペジオもカッコよく、スカッと嫌なことをふっ飛ばしてくれる1曲。
基本的にはコードストロークに気だるい歌を歌っているだけなのに、なぜこんなに引き込まれるのか不思議です。

6.Even You

スローテンポの泣きメロナンバー。
ギターは十分歪んでいながらも、メロディの邪魔にはなりません。
途中で変拍子を挟んでみたりと、シンプルな中にも工夫が見らます。
メロディは気だるくテンション低めですが、ギターやドラムはハイテンションな演奏。その対比がかなりアガリますね。

7.Mind Glow

この曲は爆音抑えめのバラードナンバー。
Jマスシスのボーカルは基本的にかすれた絞り出す歌い方しかありませんが、この曲もJのボーカルにマッチするメロディです。ラストが特に泣ける。

8.Get Out Of This

ヘヴィなリフから始まりますが、半音ずつ下がっていくコードと、ハンマリング、プリング混じりのギターフレーズは極めてポップ。コーラスのハーモニーがポップさをさらに加速させます。唐突に始まるギターソロ抜けが良く、ツボを押さえてきます。

9.On The Brink

ダイナソーにしてはオシャレっぽいポップナンバー。
ギターのカッティングやハンマリング、プリングを多用したアルペジオが印象的。
かなりフレーズに凝った1曲ですね。
歌の後ろで奏でるギターソロはファズを強めにかけてチョーキング連発で気持ちいい。

10.Seemed Like The Thing To Do

アルペジオ主体のアコースティックナンバー。4曲目「Outta Hand」にも書きましたが、シンプルにするほど、Jマスシスのメロディセンスが際立って光りますね。
コード感もオシャレな感じ。美しい歌メロディと絡みあって、心地よい1曲。

11.Over Your Shoulder

歪んだギターでの弾き語りから始まるマイナー調の切ないメロディの1曲。
途中からはベース、ドラムも加わり、悲しい曲調のままダイナソーサウンドへ。
悲しく切ない空気のままアルバムは終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

全曲レビューの中でも触れていますが、まずはメロディの良さが群を抜いています。
オルタナ、グランジ好きでなくてもメロディの良さで好きになるのではないでしょうか。
もちろんダイナソーJr.の持ち味である、爆音ディストーションギターとJマスシスの気だるいボーカルも健在です。
個人的にはこのバンドはあまり細かいことは気にせず、持ち味のメロディと爆音ギターが楽しむのがよいと考えています。
とにかくシンプルなバンドですが、武器がはっきりしているのでその破壊力はすごいですね!
Dinosaur Jr. (ダイナソーJr.)の「Without A Sound」、おすすめです!

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る