【邦楽アルバム】YUKI「Wave」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

Wave (通常盤)

さて今回はYUKIの「Wave」をレビューします。
YUKIのアルバムは全て聴いている&レビューもしていますが、やはり何度聴いても飽きません。
YUKIのルックスや歌声含めた全てが魅力的であるからこそ、長く愛されているアーティストなんだなと思います。

YUKI「Wave」レビュー

YUKIの「Wave」は2006年発売の4thアルバムです。
すっかりお得意になったエレクトロナンバーや、ポップなバンドサウンドなど、相変わらずいい曲が揃った1枚です。


では全曲レビューします。

1.長い夢

スピード感のある四つ打ちエレクトロナンバー。キラキラしたシンセの速いアルペジオがスペーシー。
ポップで元気のあるメロディにYUKIの力強い声が重なるサビは否が応でもテンションがあがります。
アルバムのスタートにはもってこいの1曲。

2.メランコリニスタ

ベースラインが印象的なポップチューン。
鼻にかかったような歌い方と、メロディの節が多いことで、落ち着いた展開ながらも非常に楽しめる曲。
これはかなりおすすめ。

3.ドラマチック

ストリングスなどが賑やかなナンバー。
終盤はドラムが暴れていてカッコ良さも。YUKIのボーカルが力強さを感じさせる。

4.裸の太陽

フワフワなシンセの音から始まる心地よいミドルテンポ四つ打ちナンバー。
四つ打ちだけどノリノリではなく、ゆったりと聴けるメロディ。
フワフワシンセに身を委ねて体を揺らしたくなります。

5.ふがいないや

シンプルなバンドサウンドのロックナンバー。
「誰かのせいにしたいよ つらいなあ。いや。嫌。」など、ダメダメな歌詞が良い。
ここまでエレクトロナンバーが続いたので、ロックナンバーが新鮮。

6.バースディ

しっとりしたバラードをベースにしつつも、リズムはヒップホップぽい。コード感なども王道ではなく、読めない展開。
これはYUKIの曲の中ではかなり不思議な曲。

7.ヘイ! ユー!

ピコピコロック。シンセで弾くパワーコードがダサカッコイイ。
「12345678・9・10」がチャーミングでたまりません。

8.あおぞら

王道ポップ。安心して聴けるメロディ。
可愛らしさを出した歌い方もグッド。
展開もオーソドックスですが、メロディの良さと向き合える1曲。

9.You’ve got a friend

ギターのカッティングがノリノリのポップチューン。
明るいメロディで、後ろめたさや毒っぽい部分は一切ない曲です。
個人的には毒っぽさがある方が好きですが、万人が楽しめる曲ですね。

10.ユメミテイタイ

アコースティックナンバー。
基本はギターのストロークに歌のみですが、陽気で楽しいメロディとコーラスが秀逸。
こちらまで笑顔で楽しくなる、ライブで聴きたい曲。

11.夏のヒーロー

シンプルなバラード。
切ない歌詞に歌いあげるようなYUKIのボーカル。YUKIの表現力の高さを存分に感じられます。

12.歓びの種

ラストは超美メロ曲。サウンドはオーソドックスなバンドスタイル。
これは完璧な曲でしょう。
とにかくメロディが素晴らしい。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

もはやいい曲なのは当たり前。と言わんばかりのラインナップですね。
もちろん全曲最高!とまでは言いませんが、かなりレベルの高い1枚です。
キラーチューンあり、毒のない万人向けポップありと、誰もが楽しめるアルバムであることは間違いありません。
YUKIの「Wave」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る