【邦楽アルバム】YUKI「megaphonic」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

megaphonic

さて今回はYUKIの「megaphonic」をレビューします。
私にとってYUKIは現在の日本のアーティストでアルバムを全て聴いている数少ないアーティストです。ジュディアンドマリーでデビューしてから何年経っているのかわかりませんが、YUKIの魅力は失われないどころか、輝きを増している印象です。
ボーカリストとしての魅力が尋常じゃないですね。それによりいい曲たちが提供されるという好循環なのだと思います。

YUKI「megaphonic」レビュー

YUKIの「megaphonic」は2011年発売の6thアルバムです。
YUKIはどのアルバムも素晴らしいですが、これも名曲揃いのかなり良アルバムです。

では全曲レビューします。

1.Hello!

ピアノのイントロが楽しげなミドルテンポ・ポップナンバー。
サビのメロディは明るさがありながら少し儚さも感じ、非常に秀逸。
「世界中をひとっとび」という歌詞も曲調とマッチしている世界観です。
ホーンのゴージャスさもグッド。

2.勇敢なヴァニラアイスクリーム

ダンスナンバー。シンセやギターのフレーズはオシャレ。リズムの感じは若干80年代ぽさを感じます。
でも古臭さは皆無。歌詞とYUKIの歌い方が非常によく合い、心地よく聞ける1曲です。

3.揺れるスカート

冒頭の「DJ〜」というYUKIの声がセクシーな四つ打ちナンバー。
ボーカルは歌詞を詰め込んだラップ調。
サビはメロディアスになりますが、変拍子を使用したり、声にエフェクトがかかっていてちょっとダフトパンクっぽいエレクトロナンバーです。

4.鳴いてる怪獣

ディレイがかかったエレキギターのフレーズから始まるバンドサウンド。
ボーカルは低い音域から始まったと思いきや、サビ前からサビにかけてはハイトーンのYUKIらしい歌声も披露。展開はオーソドックスでありながらもしっかりしたメロディの良曲。
特に最後のサビ前のギターと歌だけの部分でのハイトーンはかなりグッときます。

5.クライマー・クライマー

ピコピコシンセのエレクトロナンバー。
おとなしめのボーカルですが、サビのメロディは切なく、どこか胸に訴えてきます。
歌詞は山登りのことを歌っていますが「疲れたなら休めばいい 甘いお菓子でも食べて また登ればいい」など、優しい言葉も散りばめられています。

6.マイ・プライヴェート・アイダホ

ここで楽しげなカントリーナンバー。
シリアスな曲が続く中で気分転換になる曲です。ただバカっぽいだけではなく、ちゃんとポップソングとして成立しています。ブルースハープが渋い。
ハンバーガーでも食べながら聴きたい曲。

7.Wild Ladies

ギターリフから始まるバンドサウンドのロックナンバー。
リフもドラムもハードロックっぽい。
その世代の人をニヤリとさせる1曲ですね。

8.ひみつ

個人的にはこれがアルバムのリードトラックですね。
胸に突き刺さるメロディ。「2人を写す記念写真は残らなくってもいい 今の君が好い」という歌詞もかなり胸にきます。
内容的には不倫の歌っぽいけど、切なさが尋常じゃない。
これだけメロディとマッチした切ない歌詞はなかなかありません。泣きたい夜にオススメ。

9.2人のストーリー

この曲もかなりの良曲です。
バンドサウンドで奏でる演奏に、サビの切ないメロディは8.「ひみつ」に続いて涙なしには聴けません。
「生きてる それだけが 代わりのいないストーリー」の歌詞もさらに泣ける。

10.あの娘になりたい

ディレイの聴いたギターのリフとベースの動くフレーズが印象的な曲。
ラップ調のボーカルもありますが、サビはきちんとメロディを楽しめます。
これは女子はかなり共感できる歌詞なんでしょうね。

11.笑いとばせ

オシャレピアノから始まるフュージョンっぽい演奏の曲。
歌詞は「辺りは夕餉の支度のカレーの匂いがする」など懐かしさを感じさせます。
その他も細かい部分に結構ハッとさせられる歌詞が散りばめられており、ただのオシャレソングではありません。

12.相思相愛

これも始まりはラップ調のボーカルから始まります。
でもその後はやはりメロディを聴かせる展開に。
爽やかな歌詞と透き通るようなYUKIの声がしっかりマッチしていて非常に心地よい曲です。

13.集まろう for tomorrow

ラストナンバーはスライドギターやホーンが入った、踊りだしたくなる楽しげなパーティナンバー。
サビはかなりの高音メロディ。YUKIのファルセット混じりのボーカルが非常によく合います。
楽しい雰囲気のままアルバムは終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

さすがはYUKIとしか言えないアルバムです。
良メロディ揃いの捨て曲なしのアルバムです。特に8.「ひみつ」から9.「2人のストーリー」の流れは切なすぎます。男の私でも泣けるのですから、女性はさらに胸にくるものがあるのではないでしょうか?
13曲で53分とボリュームも十分で、 YUKIの魅力を存分に楽しめる1枚です。
YUKIの「megaphonic」、さすがの名盤でおすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る