【邦楽アルバム】YUKI「joy」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

joy

さて今回はYUKIの「joy」をレビューします。
YUKIのこと嫌いな人っているんですかね?言葉にならない魅力たっぷりのアーティストで、日本でトップクラスの女性ボーカリストですね。

YUKI「joy」レビュー

YUKIの「joy 」は2005年発売の3rdアルバムです。
相変わらずのチャーミングなボーカルに、エレクトロ要素を加えた曲も多いアルバムですね。

では全曲レビューします。

1.舞い上がれ

ノリのいいダンスナンバー。
途中のラップ調のボーカルにギターのカッティングが絡むパートがオシャレでかっこいい。その後のサビはピアノとYUKIの歌のみになりますが、その時の感情を込めた歌い方も素晴らしい!

2.JOY

シングル曲。1曲目に続き、エレクトロ調で四つ打ちナンバー。
ポップなメロディとハンドクラッピングがマッチ。
タイトル曲でもあるので、このアルバムのリードトラックですね。

3.ハローグッバイ

引き続きシングル曲。
「私が見てきたすべてのこと むだじゃないよって君に言ってほしい」
という歌詞にグッときますね。
メロディも秀逸で、優等生的ないい曲。

4.Walking on the skyline

サビの歌詞「空の色は 変わらずに今日一日を 連れ去ってしまうわ」のメロディが悲しく、胸が締めつけられます。
演奏はエレクトロポップ。これはYUKIのボーカルの存在感が光る1曲。

5.スウィートセブンティーン

バンドサウンドのロックナンバー。
ギターソロなんかもはさんでオーソドックスな展開。
多重コーラスも入り、賑やかな曲。
特に最後のサビの連続はコーラスも張り付いて、かなりテンションが上がります。

6.サイダー

淡々とした演奏にメロディ。
あまりYUKIらしくない曲と言えるでしょう。
決して良くない訳ではなく、むしろこの曲で単調さを回避できているとおもいます。
男性のコーラスはCARAVANですかね。

7.AIR WAVE

アコースティックギターのストロークが綺麗なスローテンポナンバー。
スライドギターも取り入れて非常に優しく、暖かい曲。
聴いているとホッとするので、疲れているときに聴きたい。

8.WAGON

元気一杯のポップソング。
序盤の吐き捨てるような歌い方も非常にいいし、サビの鼻にかかったような歌い方も「これぞYUKI」という感じです。
CARAVANバージョンも良いけど、やはりYUKIのボーカルは凄い!と言うほかないですね。

9.ブレーキはノー

スピードのあるロックナンバー。
変拍子を使ったり、シンセも多用してエレクトロっぽさも加わることで、短いながらもかなり聴きどころが多い曲です。
ギターソロ部分はなんとなくキングクリムゾンっぽい。

10.キスをしようよ

バンドサウンドのラブソング。
しっかり詰め込まれている歌詞も聴きどころ。
もはやメロディが良いのは当たり前という世界ですね。良曲。

11.ティンカーベル

このあたりは良メロ曲が続く、怒涛の展開。
中でもこの曲のサビのメロディは素晴らしい。
声を張らなくても出せる程度の音域なのに、「心に響く」とはまさにこのこと。
「言わないで 終わりはあるってことを」などの歌詞もよい。

12.愛し合えば

シンセのイントロとタイトなドラムから始まる、透明感に溢れたポップソング。
その透明感とYUKI のチャーミングな歌い方がマッチして非常に心地よいです。

13.Home Sweet Home

アルバムのラストにふさわしい壮大な曲。
伸びやかなハイトーンボイスが感動を誘います。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

ごく控えめに言って、素晴らしいアルバムです。
私はジュディマリ時代からのファンですが、そのような思い入れを排除してもかなりいいアルバムです!
YUKIのボーカルは曲によって微妙に歌い方を変えるんですよね。
それがどれも魅力的に仕上がるのがすごい。
また、魅力のあるボーカリストだからこれだけいい曲が集まるんですね。
YUKIの「joy 」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る