【洋楽アルバム】The Mars Volta「De-Loused in the Comatorium」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム

さて今回はThe Mars Voltaの「De-Loused in the Comatorium」をレビューします。
ご存知セドリックとオマーのアフロコンビのバンドです。
いろんなジャンルをごちゃ混ぜにして、とにかくやりたい放題なバンドですが、1度聴くと引き込まれて抜け出せなくなるエネルギーが魅力ですね!

The Mars Volta「De-Loused in the Comatorium」レビュー

The Mars Voltaの「De-Loused in the Comatorium」は2003年発売の1stアルバムです。
得体のしれない強烈なゴリ押しエネルギーに圧倒される1枚です。


では全曲レビューです。

1.Son et Lumière

いきなり不穏な空気からアルバムが始まります。
ギターのアルペジオにエフェクトのかかったボーカル。最後の歪んだギターとドラムのキメはかなり鳥肌。

2.Inertiatic ESP

その勢いのまま、ハイトーンボーカルが暴れだす、やたらと勢いのある曲へ。
もういろんなジャンルの断片を詰め込みすぎてワケがわかりませんが、ちゃんとロックしてる。
とにかくかっこいい。それ以外何もないです。

3.Roulette Dares (The Haunt of)

シンセのノイズから静かに始まると思いきや、またもやエンジン全開。かと思えば静かになったりと、かなり目まぐるしい曲です。
ボーカルが入る部分は非常にメロディアス。でも間奏はインプロ調になり、カオス。トベます。

4.Tira Me a las Arañas

アコースティックギターの不協和音フレーズが続く1:30ほどのインストナンバー。

5.Drunkship of Lanterns

スピード感溢れるナンバー。
リズムは民族音楽っぽく、拍子がよくわからない。
民族調ドラムンベースという感じ。
スラップぽい弦楽器のフレーズも意味不明だがかっこいい。

6.Eriatarka

イントロからキレキレのギターリフがシビれます。
ギターのストロークに合わせてスネアを連打するのがマーズヴォルタの得意技ですね。
序盤はやや大人しめの演奏ですが、サビの熱量は異常です。
この人たちのわけのわからないエネルギーはどこから出てくるんですかね?

7.Cicatriz ESP

12分超の大作。基本的にはヘヴィロックっぽい演奏ですね。これもサビのゴリ押し具合がすごい。
途中はお得意の民族調の早いリズムのドラムもあり、賑やかな1曲。

8.This Apparatus Must Be Unearthed

早めの3拍子で忙しい曲です。
エフェクトのかかったボーカルに、エモーショナルなメロディで、ロックしています!
マーズヴォルタの曲の中ではかなり聴きやすい部類です。

9.Televators

珍しくアコースティックギターがメインのダークなバラード。
しっかりとしたメロディとコーラスがかっこいい。これはかなりの名曲。

10.Take the Veil Cerpin Taxt

疾走感のあふドラムにギターのリフ。
そこに乗っかるセドリックのラップ調のボーカル。ちょっとAt The Drive Inっぽい。
ギターソロ?のロボトーク音がテンション上がります!
最後はお得意のギターストロークにスネアの連打でエネルギッシュに。
全体的にマーズヴォルタにしてはシンプルな展開ですね。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

もうとにかくメチャクチャなんですが、やたらと溢れ出す得体の知れないエネルギーは見事と言うほかない。
私の中ではマーズヴォルタは奇跡のバンドです。
こんな演奏するバンドはもう出てこないでしょう。
中でもギターのオマーが出す様々なトーンは絶対に真似出来ないですね。
とんでもないエネルギーにブン殴られて呆気にとられてたらいつの間にやら引き込まれて中毒になってしまう感じです。
「なんだかわからないけど、とにかくかっこいい」
そんなアルバム。
The Mars Volta「De-Loused in the Comatorium」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る