【邦楽アルバム】YUKI「うれしくって抱きあうよ」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

うれしくって抱きあうよ

さて今回はYUKIの「うれしくって抱きあうよ」をレビューします。
YUKIは元Judy and Maryのボーカルで、ジュディマリ解散後はソロアーティストとして活躍しています。
伸びやかで元気なボーカル、見た目のチャーミングさも健在で、根強い人気のアーティストですね。

YUKI「うれしくって抱きあうよ」レビュー

YUKIの「うれしくって抱きあうよ」は2010年発売の5thアルバムです。
YUKIの歌声を存分に楽しめるメロディアスな良曲満載のアルバムです。

では全曲レビューします。

1.朝が来る

ストリングスのイントロから始まる壮大なナンバー。
サビのハイトーンボイスが非常に伸びやかで、一気にアルバムの世界に持っていかれます。

2・プレゼント

ガレージロック風の演奏。
これはストロークスあたりに影響受けている曲ですかね。
YUKIが歌うとポップさが加わり、可愛らしい仕上がりに。

3.COSMIC BOX

ピアノポップナンバー。
動きまわるベースのフレーズも楽しいです。
YUKIのサビでの高音ボーカルも心地よい、良曲。

4.ランデヴー

シンセのリフがカッコいいダンスナンバー。サビの高揚感と心をくすぐるメロディはさすが。
ギターのカッティングなど、演奏レベルも高いですが、やはりYUKIのボーカルの存在感は郡を抜いています。

5.just life! all right!

エレクトロ調のシンセのイントロから始まる四つ打ちナンバー。
サビもノリノリではあるものの、どこか心を打つメロディですね。
ここはジュディマリ時代からブレていない部分だと思います。

6.チャイニーズガール

タイトルどおり、アジアンっぽいシンセのイントロ。
曲自体はしっとりしたバラード。
多重コーラスも美しく、それによって1人で歌う部分も引き立っている、ゆったりと聴きたい1曲。

7.恋愛模様

オシャレジャズ。
途中でリズムがいきなりゆっくり目に変わったり、聞きどころたくさん。
詰め込んだ歌詞も非常に楽しい。
この曲があることで、飽きるのを避けられます。

8.さようなら、おかえり

爽やかなポップソング。
「自分で選ぶ分かれ道 見せておくれ心意気」など、歌詞のセンスも光りますね。
懐かしくなるような、心温まる1曲。

9・うれしくって抱きあうよ

タイトル曲。
この曲もしっとりオシャレな演奏に、かなり歌詞を詰め込んだ曲です。
メロディは言わずもがなな良メロです。
「欲しいものなどもはやないんだ」など、シビれる歌詞が聴きどころです。

10.ミス・イエスタデイ

徹底的に美メロ。
演奏も余計なことはせず、歌メロを引き立てています。
歌詞もじっくり聴いていると泣けてきます。
集中して聴くほどのめり込む1曲です。

11.汽車に乗って

このあたりは美メロバラードコーナーですね。
ゆったりとした3拍子にYUKIの息遣いまで聴こえるボーカルが乗った良曲。
「もしあの日に帰れるのならば」という歌詞など、ノスタルジックな世界に引き込まれてしまいます。

12.同じ手

全編アコースティックギターのアルペジオとYUKIの歌声のみ。
もちろん美しいメロディなので、じっくりYUKIの歌声を楽しめます。

13・夜が来る

1.「朝が来る」と対になるタイトルのラストナンバー。
終始ゆったりとした演奏にメロディで、子守歌のようです。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

シングル収録曲が多いので当然ですが、捨て曲なしのアルバムです。
YUKIのアルバムは大体ハズレなしですが、その中でもかなりのクオリティと言えるのではないでしょうか。
とにかくメロディが素晴らしい曲ばかりで、それを歌いあげるYUKIの声がこの上なく気持ちいいんです。
YUKIの「うれしくって抱きあうよ」おすすめです!

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る