【邦楽アルバム】Judy And Mary「MIRACLE DIVING」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

MIRACLE DIVING

さて今回はJudy And Mary(ジュディアンドマリー)の「MIRACLE DIVING」をレビューします。
現在30代中盤の人には共感いただけると思いますが、ジュディマリは私の青春そのものです!
もちろんYUKIのボーカルも大好きですが、TAKUYAのギターがたまりません。
ここまでやりたい放題のギターでこれだけ売れたのはこの人しかいないでしょう。

Judy And Mary「MIRACLE DIVING」レビュー

Judy And Mary(ジュディアンドマリー)の「MIRACLE DIVING」は1995年発売の3rdアルバムです。
この「MIRACLE DIVING」「THE POWER SOURCE」「POP LIFE」あたりは完全にジュディマリ黄金期と言えるでしょう。
突き抜けたポップセンスにYUKIの伸びやかなボーカルにTAKUYAのやりたい放題のギターが魅力です。それを支えるリズム隊も安定の演奏。

では全曲レビューします。

1.Miracle Night Diving

水の中のような泡の音から始まる、ギターのリフが印象的なロックナンバー。
前作「Orange Sunshine」とはかなり印象が違う曲です。
でもポップさは健在、どころか磨きがかかっています。
最後のYUKIのラップ調のボーカルとカオスな演奏もグッド。

2.Over Drive

有名シングル曲。
スカッと爽快なポップソング。
もちろんいい曲ですが、個人的にはジュディマリではもっといい曲が他にあるけどなーと昔から思っています。

3.KYOTO

流れるような美しい曲。
少しコーラスがかかったギターのフレーズがYUKIのボーカルと絡み合って非常に心地よい。こんなにしっとりした綺麗な曲なのに、終始ギターは動きっぱなし。でもそれが不愉快ではないのです。
間奏とアウトロのギターソロのフレーズも見事に曲の雰囲気とマッチ。

4.Little Miss Highway

不思議なリフから始まる捻くれポップソング。
サビのメロディはやや泣が入っていて、とても聴きやすい。
「君はワガママだねぇ・・・ は?」がチャーミング。
やはりここでもボーカルに絡むギターフレーズがポイントですね。 1番と2番でフレーズが違うのもニクい。

5.あなたは生きている

痛快なギターポップナンバー。あまり捻くれ感はなく、ストレートな展開。個人的にはジュディマリっぽさはあまりないです。
しかしながら美メロでかなり聴きやすく、ラストのタッピングがよいです。

6.ドキドキ

楽しいポップチューン。シングル曲です。
楽しげなんだけど、なんだか切なさを感じるメロディが素敵。
ジャキジャキのカッティングにリズムがよくわからないギターソロ。
サビはブラスも入って豪華ですね。

7.ステレオ全開

もうイントロからよくわかりません。
キレッキレのギターのカッティングが魅力なノリノリナンバー。
歴代J-POPアーティストでこんなギターを弾いた人は他にいないでしょう。
この演奏はメチャクチャ難しいと思います。
YUKIの歌メロや歌詞も非常にいいんですが、ギターが歌いすぎて霞んでしまうほど。

8.Oh!Can Not Angel

ロック魂溢れるリフが気持ちいいナンバー。
展開はシンプル。サビのメロディは楽しげでいながらも、歌詞にある「うまくいかない恋に悩むの」のとおり、悲しさも感じられます。
この辺はジュディマリの得意なメロディですね。

9.プラチナ

ハイロウズの甲本ヒロトと真島昌利が参加している曲。
だからかどうかわかりませんが、パンクロック調の演奏です。
これは歌詞がとてもよいです。
「挙げた手の先は震えてる 憧れのスターには なれない」など、胸が痛くなりますね。

10.アネモネの恋

これまた悲しさを含んだポップソングです。演奏はどポップなのに何故か胸を圧迫するメロディと歌詞。
ラストの「ララララフー」のボーカルとギターの絡みが最高。

11.帰れない2人

クラシックギター弾き語り。
これも凄い。TAKUYAが昔のインタビューで「ライブでこの曲が終わるとホッとする」というようなことを言っていた記憶がありますが、それも納得の緊張感。
しっとりとアルバムは終了します。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

私はギターのTAKUYAの大ファンなので、基本的にギターばかり聴いてしまいます。TAKUYAの才能が開花しつつあるアルバムですね。
次作やその次のアルバムはさらに変態ギターが炸裂していますので、別途レビューしたいと思います。
アルペジオ混じりのカッティングや、メロディに絡めた歌うようなギターは素晴らしいの一言。
老若男女問わず楽しめる1枚。
Judy And Maryの「MIRACLE DIVING」文句なしにおすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る