【邦楽アルバム】ハナレグミ「音タイム」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

音タイム
本日はハナレグミの「音タイム」をレビューします。
ハナレグミは、元Super Butter Dogのボーカル、永積タカシのソロユニットです。
今や有名アーティストですね。この上なく優しい歌声と暖かいメロディにとぼけたキャラが特徴のアーティストです。

ハナレグミ「音タイム」レビュー

ハナレグミの「音タイム」は2002年発売の1stアルバムです。
今でもライブで演奏する定番曲もいくつかあり、持ち前の優しい歌声も炸裂し、ファンクやソウルなどのブラックミュージックの影響も感じられる、かなり良質なアルバムですね。
では全曲レビューです。

1.音タイム

鳥の鳴き声とアコースティックギターから始まる、心地よい朝を感じさせる、始まりの曲。
なんだかわからないけど、朝に聴けばいい1日になりそうで、やたらと幸福感を感じて踊りだしたくなる曲です。
特に終盤のコーラスワークは非常に美しい。

2.雪の中に

スカ調の演奏。スカの要素を取り入れると底なしに陽気になりがちですが、この曲はディレイの効いたギターの暗めなコードのアルペジオなんかも加えることでカオスな雰囲気もあります。 なかなかつかみどころのない1曲。

3.明日天気になれ

これぞ永積タカシ!なライブの定番曲。シンプルで明るい演奏に染みる歌詞。
サビの「変わらない ここで待ってても」からの歌詞とメロディと言ったら!ライブで聴くと本当に泣けます。これは名曲。

4.家族の風景

引き続き有名。タイトルからして名曲な、しっとりとしたアコースティックナンバー。ひたすらノスタルジックな癒しのメロディ。終わるのが悲しくなるほどの完璧な良曲。

5.Jamaica Song

ブッカーTジョーンズのカバー曲です。
ハナレグミの曲はブラックミュージックの匂いを感じるものが多いですが、そのルーツを感じさせる選曲ですね。

6.Wake Upしてください

Dr.ジョンのアルバムかと思うようなピアノのイントロから始まるナンバー。
ファンクやR&Bの要素も取り込んだ、古い音楽好きも楽しめる曲。
優しい癒し曲だけでなく、ハナレグミの引き出しの多さを感じさせますね。

7.かこめ かこめ

歌詞はおバカっぽいですが、演奏はオシャレなジャズ調の本格派。ギターソロと歌のユニゾンなど、楽しめる要素満載。メンバー紹介もありますが、参加メンバーも豪華です!

8.ナタリー

間違いのないバラードナンバー。途中のラップもグッときますね。
誰が聴いても感動するメロディと心を掴まれる歌詞。
その歌詞にも出てくるように、ボンヤリ空を見つめて聴きたい1曲。

9.一日の終わりに

クラシックギターの弾き語りから始まる癒しのナンバー。
アルバムを1日に見立てており、その終わりの曲にピッタリ。
この歌詞は永積タカシにしか書けないでね。また、この雰囲気を壊さずに歌えるのもこの人だけでしょう。
スポンサーリンク

レビュー総括と感想

曲数は9曲と少なめですが、やはりこのメロディと声に魅了されます。
基本的にはアコースティックギターに癒しのメロディという部分が注目されがちですが、この人のルーツはソウル、ファンク、R&Bあたりのブラックミュージックだと思います。(もともとSuper Butter Dogはファンクバンドなので当然ですが…)
ボーカルの端々にその影響が見え隠れして、非常に多彩なアルバムです。
ハナレグミの「音タイム」、おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る