【邦楽アルバム】原田郁子 「ピアノ」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

ピアノ

本日は原田郁子の「ピアノ」をレビューします。
原田郁子は3ピースバンド「Clammbon」のピアノとボーカルを担当しています。独特な雰囲気と優しい声が特徴の非常に人気のあるボーカリストで、私も大好きなアーティストです!

原田郁子 「ピアノ」レビュー

原田郁子 の「ピアノ」は2004年発売の1stアルバムです。(クラムボンではもっと以前からアルバム等リリースしていますが、ソロとしては1stです。)
やはりクラムボンとは多少趣が異なりますが、優しくて温かい歌声はこのアルバムでも楽しめます。

1.たのしそう かなしそう

これはクラムボンでやってもおかしくないバンドサウンド。ドラムの暴れっぷりがカッコいい。スピード感を感じつつも、勢いだけじゃなく歌モノとしても聴けるのはさすが。

2.緑道

非常にシンプルな曲。ハートウォーミングなメロディに「りんりん らんらん なんか うれしいな」の歌詞がいいですね。
終盤はピアニカも入り、暖かさが増します。

3.かじき釣り

陽気な演奏と物語になっている歌詞。絵本とかおもちゃ箱とかを感じさせ、聴いているとなんだか楽しくなってくる1曲。

4.教会

ピアノ弾き語り。ピアノと美しいメロディだけのシンプルな曲。あっという間に終わりますが、温かい気持ちになる1曲。

5.なみだ と ほほえむ

アコースティックギターのアルペジオが心地よいナンバー。サビのもの悲しいメロディとシンプルだけどグッとくる歌詞が涙を誘います。
情景を感じさせ、自分の過去と重ねたり、ノスタルジックに浸りたくなります。

6.流れ星

ピアノバラード。「日が暮れるのが早くてついていけないや」「ふいに となりのひとを ああ 近くに感じたの」など、心を鷲掴みにされる歌詞。
この歌詞を良質メロディで原田郁子が歌うと…もう言うことはありません。

7.ワルツ

ピアノインスト。これまでの温かい気持ちになる感じではなく、ややカオスを感じる力強い展開。
一部ピアノのメロディをユニゾンで歌うボーカルあり。

8.海からの風

またまた泣けるバラード。メロディを活かし、世界観を演出する演奏も完璧。ファルセットで歌う「ルールール〜」の心地よさはこの上なし。
外国の街並みの中で聴きたい1曲。

9.鳥の羽 鳥の影

これはサラリーマンが聴くと考えさせられる曲です。アコースティックギターの響きと、優しい歌声で「自分に正直で  さえ  いれば」なんて言われると、かなりこみあげるものがありますね。

10.トゥインクル

これは生ドラムが強めのバンドサウンド。オシャレなコード感とサビのコーラスが綺麗。歌詞も幸福感があり、ラストナンバーにもってこいな1曲。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

ゆったりとした演奏と優しい歌声が終始続く、不快な部分が一切ない、安心して聴けるアルバム。癒されたい方にオススメ。心が洗われる感覚です。また、歌詞もじっくり噛みしめて聴きたいです。「今日からまた頑張ろう」と思える1枚です!
原田郁子の「ピアノ」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る