SUMMER SONIC 2017 & HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERレポート②

スポンサーリンク


Pocket

summer sonic2017

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERレポートに続き、サマソニ2017レポートです。
SUMMER SONIC2017(東京)の8月20日(日)に参加してきました。
結論としてはかなり楽しめまして、行ってよかったなと思っています!

SUMMER SONIC(サマーソニック) 2017レポート

今回のサマソニですが、当初メンツ発表されたときには正直今年はパスかなと思っていました。
もちろんヘッドライナーのFoo Fightersは観たい!と思いましたが、他にはあまりそそられなかったというのが正直なところです。
でもホステス・クラブ・オールナイターに行くことに決めた後、どうせ行くならそのまま日曜も参戦するか!と思い立ち、行くことにしました。
(サマソニにも参加すればホステス・クラブ・オールナイターのチケットも安くなりますし。)

そんな思いで参戦したサマソニでしたが、本当に楽しみました。行ってよかった!
ではレポートしたいと思います。

会場に到着!

summer sonic2017

まずはレインボーステージでMiliを観ることに。

summer sonic2017

・Mili

初めて知ったアーティストです。女性ボーカルにSF調の演奏をするバンド。(ボーカルは日本語ペラペラですがカナダ人だそうです。)
ボーカルにエフェクトかけたり、打ち込みも多用していました。ノリノリ系の曲が多かったです。
オフィシャルのyoutubeみたら、ノリノリじゃない曲もあるようです。)
気になったのが、モニターに映し出される映像です。
ボーカルの顔を絶対に映さないんですよね。(遠目のアングルなら全身映っていますがアップは口から下しか映さない。)
顔を出してライブしているのに、映像には映さないのがなんだかよくわかりませんでした。

 

Miliを途中で退出し、腹ごしらえです。

summer sonic2017

バーガー好きの私としては迷わず佐世保バーガーをチョイス。写真は綺麗に撮れませんでしたが、美味しかったです。

その後、INABA/SALASを観にマリンステージへ。

summer sonic2017

・INABA/SALAS

B’zのボーカル、稲葉浩志のユニット。「SALAS」というのはギタリストの名前です。
B’z含め、稲葉浩志を生で観るのは初めて。音楽どうこうより、稲葉浩志自体がカッコいい。何歳なんだこの人!
ギターもミドルがズコーンと抜けるイイ音出してました!アンプはBognerでしたね。稲葉のシャウトとの絡みもカッコいい!

その後物販などチェック。この時点ですでにFoo Fightersのアイテムは売り切れ…。Tシャツ買おうと思ってたのに…。
気を取り直し、Creepy Nutsを観にビーチステージへ。海辺で空も広く、気持ちいいです!

summer sonic2017

・Creepy Nuts

人気上昇中のヒップホップユニット。これはカッコよかったです。お客さんからお題をもらってフリースタイルでラップするなど、本当に「ラップとDJだけで闘うんだ!」という気概が見えてこちらもテンション上がりまくりです!

ここらで一度メッセに戻ることに。ソニックステージでNEW FOUND GLORY観ようと思いましたが、かなり人が多かったので断念。
今回はメロコアファンにはかなり豪華なメンツだったと思われ、ソニックステージはずっと人が多かった印象です。
代わりと言っては何ですが、レインボーステージのBAND-MAIDをチラ見。

・BAND-MAID

バンド名そのままで、メイドのカッコで演奏するガールズバンド。曲はヘビーロックですかね。演奏が上手い。ギターはレクチファイヤをゴリゴリ鳴らしていい音出してました。

BAND-MAIDを途中退出し、チラッとサイレントディスコを体験しました。

summer sonic2017

サイレントディスコとは、DJと観客がワイヤレスヘッドホンをつけて音楽を聴いて踊るというものです。
なので周りから見たら、音が出てないのにみんな踊っているという異様な光景です…。
私としてはスピーカーで爆音鳴らしてくれた方が気持ちいいですが、イベントとしてはとても楽しいです!

その後MAN WITH A MISSIONを観にマリンステージへ。

・MAN WITH A MISSION

オオカミの5人(?)組。メンバーにはDJもいて、ジャンル的にはミクスチャーです。今回初めて観ましたが、これは人気があるのも頷けます。
メロディなどはメロコアっぽいところも多いのでパンク・メロコア好きも楽しめると思います。夏フェスにもってこいのバンドですね!

そろそろ体力的にツライですが、EGO-WRAPPIN’を観にガーデンステージへ。

summer sonic2017
・EGO-WRAPPIN’

アルバムはいくつか持っていますが、ライブを観るのは初めてです。ジャズやブルースを取り入れた昭和調のバンドですね。
これは引き込まれました!こんなに体を揺らしたくなるバンドが他にありますか?!いや、ない!ないよ!
ヒットナンバーの「サイコアナルシス」や「a love song」など豪華なセットリストにも満足!中納良恵の伸びやかなボーカルも最高でした!

しかしながらFoo Fighters を観るために少し早めにマリンステージに向かう必要があり、最後まで観られなかったのが唯一の心残りです…。
後ろ髪引かれる思いをこらえつつ、最後のマリンステージへ。

 ・Foo Fighters

ただただ最高。ラウドでロックでポップ。文句なしのベストアクト。1曲目の「All My Life」から最後の「Everlong」までテンション上がりっぱなしでした。
一時間半がこんなに短く感じることはそうそうありません!世界のトップクラスのバンドの実力を見せつけられましたね。
フーファイターズのライブを観るのは何年振りかわかりませんが、やはりデイヴ・グロールは紛れもないロックスターです。ありがとう!
最後の「Everlong」の演奏中に花火が上がったのは誰もが鳥肌立ったことでしょう。

というわけで、無事に長い1日が終了しました。
正直Sum41やBABYMETALはチラッとでも観たかったですが、タイムテーブルがかぶるのはフェスの宿命なので仕方ないですね。

とにかく楽しい2日間で大満足でした!ありがとう!サマソニ!