【洋楽アルバム】Sebadoh 「Bakesale」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

BAKESALE: DELUXE EDITION

今回はSebadoh(セバドー)の「Bakesale」をレビューします。
Sebadohはオルタナ・ローファイの代表的バンドですね。現在もソロで優しいメロディを作り続けている、ルー・バーロウがフロントマンのバンドです。

Sebadoh「Bakesale」レビュー

Sebadoh(セバドー)の「Bakesale」は1994年発売のアルバム。
90年代丸出しの音とポップさも兼ね備えた1枚です。
では早速レビューしていきます。

1.License to Confuse

いきなりオルタナ&ローファイ全開。 ベースラインに重ねる疾走感のあるボーカルが印象的な1曲目らしいナンバー。

2.Careful

ソニックユース風のギター、ベースと歌。マニアックになりすぎない程よいポップさは健在。

3.Magnet’s Coil

ゴリゴリのオルタナ演奏に優しいメロディ。このセンスがその後のルー・バーロウのユニット「The Folk Implosion 」にも繋がっている感じですね。

4.Not A Friend

切なげなギターとボーカルが印象的な1曲。ゆっくり目のテンポですが、最後にはディストーションギターが盛り上げ要素も加え、聴きどころ多め。

5. Not Too Amused

一定のリズムにリフと、ヘロめのボーカルが淡々と続く。しかしながら、後半は搔き鳴らしギターに感情を込めた歌い方に。徐々に熱くなり、そのままアウトロへ。

6.Dreams

ダークな演奏に低めのトーンでのボーカルライン。これはルー・バーロウ節ですね。金切り声をあげなくてもグッとくるメロディは書けるんだ。と教えてくれます。

7.Skull

こちらはポップチューン。ギターのコード弾きにベース、ドラムともにシンプルな演奏ですが、やはり優しいメロディと声が際立ちます。

8.Got It

引き続きメロディはルー・バーロウ節。演奏は要所要所で「これぞグランジ!」な歪んだギターが炸裂。90年代の音です。

9.Shit Soup

変拍子風のリフ。コードもなんだかよくわからない。それでもポップに仕上げてきます。途中の歪んだボーカルもカッコよいです。小さいライブハウスで爆音で聴きたい1曲。

10.Give Up

早いテンポの楽しげなナンバー。感想のギターの単音フレーズもバカっぽいアプローチ。でもハードコアのようなフレーズも突如現れたりと、おもちゃ箱のような曲ですね。

11.Rebound

完全に歌ものです。これはオルタナファンでなくとも楽しめます。後半のハモりは最高!

12.Mystery Man

これもポップな歌もの。悲しさ漂うメロディ。やってることはギターのコード弾きなんですが、強弱でメリハリをつけていますね。

13.Temptation Tide

女性ボーカルを取り入れた不穏な空気が漂う曲。ちょっとベルベット・アンダーグラウンドっぽさを感じますね。

14.Drama Mine

歪ませたリフと不協和音アルペジオが印象的な曲。途中でオシャレなテンションコードなんかも使用したかと思えば、シャウトするボーカルもあり、目まぐるしく展開する1曲です。

15.Together or Alone

アルバムの最後を飾るのは、終始クリーントーンギターの1曲。音はローファイで、オルタナティブ・バラードといったところでしょうか。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

繰り返しになりますが、オルタナ・ローファイ界の雄です。
私はThe Folk Implosion が大好きなのですが、そこに繋がる流れはこの作品からも感じます。

Sebadohの「Bakesale」レビューでした。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る