【洋楽アルバム】NOFX 「White Trash,Two Heebs And A Bean」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

White Trash Two Heebs & A Bean

本日はNOFX(ノーエフエックス)の「White Trash,Two Heebs And A Bean」をレビューしたいと思います。

NOFXは言うまでもなく、パンク・メロコア界のレジェンド、永遠の悪ガキです。キャッチャーだったり泣けるメロディだったり、スカやジャズまで取り入れたりと、パンクの枠を超えたバンドですね。

NOFX 「White Trash,Two Heebs And A Bean」レビュー

NOFX の「White Trash,Two Heebs And A Bean」は1995年発売のアルバムです。
若い頃はパンクやハードコアなど激しい音楽にハマる人が多いと思いますが、私もその一人です。
日本のバンドではハイスタなんかもよく聴きましたが、洋楽ではやはりNOFXですね。
特にこの「White Trash,Two Heebs And A Bean」は本当によく聴きました。単なるパンクではない多彩な顔を持ったアルバムです。

1.Soul Doubt

歪んだギターのリフからアルバムはスタート。1曲目からそこらのパンクバンドとは一線を画していますね。単純な展開じゃなく、演奏も上手いんです。

2.Stickin’ in My Eye

ベースのコード弾きから始まる、このアルバムのリードトラックですね。
ライブでも盛り上がりまくり。「Stickin’ in My Eye〜〜」の部分は拳突き上げて歌うしかありません。

3.Bob

こちらも大定番曲。2曲目まではマイナー調でしたが、これは明るく楽しめる曲です。トランペットも入って賑やかですね。
なにも考えず、テンション上げたい時におすすめ。

4.You’re Bleeding

オクターブ奏法から始まる、お得意のマイナー調メロディ。

5.Straight Edge

オシャレジャズです。これはギターのエル・ヘーフェがボーカルをとっています。「パーパーパッ」のコーラスも可愛く、楽しいです。

6.Liza And Louise

王道ロックンロールナンバー。やはりパンク一辺倒ではなく、ロックっぽいアプローチが強い1曲。

7.The Bag

演奏はザ・メロコアです。でもノリノリナンバーではなく、ファットマイクの淡々としたボーカルが続く曲。アルバムの箸休め的な役割かと。

8.Please Play This Song on the Radio

底抜けに楽しいポップチューン。サビの「Please Play This Song on the Radio〜」の繰り返し部分は誰もが歌いたくなるアンセム的メロディ。

9.Warm

ギターのリフが印象的です。曲の展開も目まぐるしく変わっていく、かなり工夫された1曲。サビの「ニャーニャーニャーニャー」がテンション上がります!

10.I Wanna Be Your Baby

ドラムとギターのリフの拍子が異なるイントロから始まる暗めのナンバー。間奏はドラムも同じ拍子で、迫力のある演奏に。
変化球と言える展開ですが、持ち前のメロディは健在。だから聴きやすいんですよね。

11.Johnny Appleseed

スカ風の演奏とボーカル。ギターもほぼ歪まないクリーンな音で優しい曲です。このように色んなタイプの曲が入っているので通しで聴いても飽きないんです。

12. She’s Gone

哀愁漂うメロディ。サビになるとテンポが変わり、やはりここも飽きない展開。マイナー調のボーカルにコーラスが絡む、NOFX節全開のナンバー。

13.Buggley Eyes

ジャズ風の1曲。これもボーカルはエル・ヘーフェです。このアルバムの多彩さはこの人がもたらしているのだと思います。しっとりとアルバムは終了。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

ジャズまで取り入れるパンクバンドはなかなかないでしょう。何十年も人気なのも頷けます。
パンクやメロコアは全部同じ曲に聴こえる!と思われがちですが、このアルバムならそんな意見も吹き飛ばせるでしょう。
NOFXの「White Trash,Two Heebs And A Bean」おすすめです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る