【洋楽アルバム】Joni Mitchell 「Blue」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

Blue

今回はJoni Mitchell(ジョニ・ミッチェル)の「Blue」をレビューします。
今さら言うまでもないフォークの名盤中の名盤で、私も大好きなアルバムです。いつ聞いてもアコギやピアノと歌のハーモ二ーに癒されます…。

Joni Mitchell「Blue」レビュー

Joni Mitchell(ジョニ・ミッチェル)の「Blue」は1971年発売の4thアルバムです。
40年以上前に発表されたアルバムとは思えません。全く古臭さがないんですよね。若い人が初めて聞いたとしても、「あー古い曲ですねー」という感想は出ないと思います。
まさに時代を超える名盤ですね。では早速レビューしたいと思います。

1.All I Want

アコースティックギターのイントロからジョニのボーカルが入る瞬間に空気が変わります。
ボーカルはファルセットを交えた心地いいメロディ。このアルバム全編に言えますが、ボーカルは力強さと繊細さが同居しているんですよね…。

2.My Old Man

ピアノから始まるバラードです。これも美しいメロディですが、音階が忙しそうなのに違和感を感じないんです。
1音1音が行ったり来たりなのに、ピアノのアルペジオと重なり、聞いてみると心地いい。最初に聞いたときは「なんなんだこの曲は!?」と思いましたね。

3.Little Green

これはギターとの絡み合いです。ボーカルばかり聴いてしまいがちですが、ギターも曲の心地よさにかなり貢献しているんです。オープンチューニングの開放弦の響きがいいですね。

4.Carey

ギターのカッティングから始まるポップナンバーです。これはコーラスも加わる楽しげなナンバーですね。
あとはリズム感というか、歌い回しが独特なのもこの人の特徴ですね。

5.Blue

タイトル曲は王道ピアノバラードです。曲を通して儚げなメロディ。「I Love You〜」のファルセットは必聴です!

6.California

これはカラッとしたアコースティックナンバー。私はこのアルバムではこの曲が1番好きです。
これも何度かあるサビの「California〜」の入り方がそれぞれ微妙に違うんです。そのあたりも聴きどころです

7.This Flight Tonight

ギターのスライドが気持ちいですね。サビのコードストロークに乗せたメロディは開放感にあふれています。

8.River

イントロはジングルベルですが、悲しげなナンバーです。ピアノバラードですが、メロディの節が多く、聴きごたえのある1曲です。特にサビのロングトーンは素晴らしいの一言。

9.A Case Of You

「Oh,CANADA〜」から、その後のサビの流れは…泣けます。なんですかね、この表現力。

10.The Last Time I Saw Richard

あまり明るさを感じないピアノナンバー。他の曲に比べてやや淡々としたイメージでアルバムは締めくくられます。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

このアルバムは死ぬまでに必ず聴いとけ!レベルの1枚です。これを聴いてなにも感じない人はいないと思います…。
Joni Mitchellの「Blue」、問答無用でおすすめです!

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る