【邦楽アルバム】GRAPEVINE 「Lifetime」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

Lifetime

今日はGRAPEVINE(グレイプバイン)の「Lifetime」をレビューします。
このバンドは20年以上に渡って活動していますが、未だに良質なアルバムを出し続けていますね。
今年はフジロックにも出演し、未だに勢いよく活動しています。
メンバー全員が作曲するスタイルもあり、曲調もいろいろあるのが魅力ですかね。私も大好きなバンドです。

GRAPEVINE「Lifetime」レビュー

GRAPEVINEの「Lifetime」は1999年発売の2ndアルバムで、GRAPEVINEのアルバムで1番売れた作品です。
現在の成熟した感はなく、当たり前ですが若さを感じられるアルバムです。
しかしながらセンスは当時から光っていますね。

1.いけすかない

タイトルからしてロックですね。その期待通りロック感あふれるイントロから始まるナンバーです。
「いけすかないぞ」の歌詞が全てでしょう。

2.スロウ

これはGRAPEVINEの代表曲と言えますね。サビのメロディはバイン節炸裂です。
聞いた瞬間に「あ、 GRAPEVINEね」となるメロディを持っているのはかなりの強みだと思います。
個人的には「虚しく愛をったって〜」のコード感からのサビの流れが大好きです。

3.SUN

アコギのストロークとクリーントーンのアルペジオから始まる爽快なナンバーです。
サビからいきなりロック調になり、田中和将のボーカルもダミ声に。特にハイトーンボイスの「It”s coming back〜」の部分がたまりません。

4.光について

「スロウ」に並ぶリードトラックです。これもバイン節全開ですね。
ものすごく美しいメロディなんですが、あまり明るさは感じず、「切なさ」とか「影がある」という表現がしっくりきますね。これは必聴です。

5.RUBBERGIRL

警戒なベースのフレーズにギターソロが絡むインストナンバーです。

6.Lifework

スローなバラード曲です。あまりひねくれ感のない、ストレートな曲調ですね。

7.25

3拍子のロックナンバー。サビは拳を突き上げたくなる、スカッとするナンバーです!

8.青い魚

ワウかフェイザーを使った揺れ系のギターで水中感を出しています。間奏もややオシャレ感を加えている1曲です。

9.RUGGERGIRL No.8

踊りたくなるロック・インストナンバーです。

10.白日

スピード感溢れるイントロから始まる1曲。これはコーラスワークの効いた1曲で、生で聞きたい曲の1つですね。疾走感がいい感じです。

11.大人(NOBODY NOBODY)

アコギを使ったブルース調のナンバー。古っぽいミックスですが、これはカッコイイです。
何気にこのアルバムの中でかなり好きな曲ですね!田中和将のボーカルとしての幅広さを感じさせる1曲と言えるんじゃないでしょうか。
コンパクトで聞きやすいし、おすすめです。

12.望みの彼方

「スロウ」のシングルカップリング曲で、ファンからの人気も高い曲です。
この曲も切ない系のメロディとハイトーンボイスが素敵なナンバーです。
「頭の上の撒散らした 望みの彼方を見てた」…アウトロの演奏とシャウトも最高ですね。

13.HOPE(軽め)

歪んだギターのコードとこれまた歪んだボーカルから始まるロックナンバー。
サビではディストーションギターにボーカルのシャウトが入る展開ですが、間奏になったら口笛にピアノが入って楽しげな感じになったりと、表情がどんどん変わる1曲です。特にサビのシャウトはこの人じゃないと出せない味です。とにかくかっこいいんですよね。

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

GRAPEVINEの「Lifetime」、歌詞も演奏も素晴らしく、まだGRAPEVINE聞いたことない!という人にもおすすめです!

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る