【邦楽アルバム】椎名林檎 「加爾基 精液 栗ノ花」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

加爾基 精液 栗ノ花

今回は椎名林檎のアルバム、「加爾基 精液 栗ノ花(かるきざーめんくりのはな)」をレビューしたいと思います。
椎名林檎は私的「好きな日本のアーティスト」ランキングでかなり上位に入ります。
この人は自分の魅せ方をものすごく考えているのだと思います。それと同じく楽曲も細かいところまで考えられている曲ばかりで、感心させられますね!

椎名林檎「加爾基 精液 栗ノ花」レビュー

このアルバムは2003年発売の椎名林檎の3rdアルバムです。1stや2ndとは全く異なり、初めて聴いた時は「スゲエの出してきたなー」と驚きました。
私は椎名林檎のアルバムは全て聴いていますが、ダントツでこのアルバムが好きです!この世界観は椎名林檎にしか出せないですね。

1.宗教

オルガン(?)のイントロが不気味な1曲。いきなりただ事じゃないタイトルですね。
静かな序盤から、サビになると歪んだドラムが入り、不穏な空気ながらもメロディはポップです。

2.ドッペルゲンガー

シンセとベルっぽい音が引き続き不穏さを醸し出します。サビになるとドラムンベース調になり、疾走感のあるメロディとマッチしますね。

3.迷彩

ウッドベースとクランチギターのフレーズが昭和ジャズ風の曲です。これはバンドサウンドと、時々でる椎名林檎のダミ声がかっこいいです。

4.おだいじに

美しいピアノバラード。椎名林檎はこういう美しいメロディも書けるんですよね。ギターのノイズも混じって切なさが倍増です。

5.やっつけ仕事〜大名遊ビ編〜

エレクトロ風の四つ打ちに、あまり感情を出さないボーカルが乗っているナンバーです。感情は出ないものの、やはりメロディにセンスを感じますね。

6.茎(日本語バージョン)

これがアルバムのリードトラックでしょうか。イントロは不気味なのですが、ストリングスと絡み合うサビの和風メロディは必聴です。
↓は英語バージョンです。

7.とりこし苦労

冒頭の「カッツーカッツーカッツーカッツー」という口頭でのベースラインに続く歌詞「えゝい、儘よ」(ええい、ままよ)が全てですね。これは真似できません。

8.おこのみで

このアルバムのなかではベーシックなバンドサウンドです。電車のナレーションのサンプリングなどは入っていますが、聴きやすいナンバーです。

9.意識

1分近いイントロから、意外にもやや軽快なメロディです。このあたりは聴きやすい曲が続きますね。

10.ポルターガイスト

三拍子の明るいラブソングです。電車に乗って会いにいく。という内容ですが、踏切の音のサンプリングを入れて臨場感を演出していますね。

11.葬列

このアルバムを締めくくるにふさわしい、カオスな曲です。ラストはオルガン、ディストーションギター、歪んだドラムが入り混じってJ-POPアーティスト(しかも知名度の高いアーティスト)のアルバムとは思えません…

スポンサーリンク

レビュー総括と感想

椎名林檎の「加爾基 精液 栗ノ花(かるきざーめんくりのはな)」、ちょっととっつきにくいかもしれませんが、ポップさも兼ね備えた素晴らしいアルバムです。
こんなアルバムは二度と出てこないでしょう。非常にオススメです。

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る