【邦楽アルバム】斉藤和義 「斉藤」レビュー

スポンサーリンク


Pocket

斉藤

今回は斉藤和義のアルバム「斉藤」をレビューします。
今や日本を代表するシンガーソングライターの斉藤和義ですが、ご多分に漏れず、私も大好きなアーティストです。
この人には不思議な魅力がありますね。特に飛び抜けて歌やギターが上手いわけではないですが、声やメロディ、歌詞、本人の佇まいなど、人を惹きつける要素がありまくりです。

斉藤和義「斉藤」レビュー

「斉藤」は2013年発売の斉藤和義の16枚目のアルバムです。
ドラマの主題歌等もふんだんに盛り込まれた名盤ですね。早速レビューします。

まず、ドラマ「家政婦のミタ」の主題歌になったシングル曲「やさしくなりたい」でアルバムはスタート。ディレイのかかったギターが小気味よく、マイナー調のメロディもグッドです。
2曲目は打って変わって明るいロックナンバー「Hello! Everybody!」です。
これはサビで拳を突き上げたくなる、ライブ映えする曲ですね!「本物」と書いて「うまいもん」と読むなど、さすがのセンスが感じられます!
続いてシングル曲「ワンモアタイム」も軽快なロックナンバーで、気分を盛り上げてくれます。

そして東京メトロのcmソング「メトロに乗って」に続きます。
この曲はメロディと歌詞が絶妙にマッチしていますね。メトロのcmソングなので当然ですが、電車に乗ってお出かけしたくなります。
また、電車や街の描写以外の部分の歌詞もハッとさせられるんですよね。素朴だけどなんだか引っかかる名曲です。
ややボーカルにリバーブがかかったダーク調の「罪滅星」を挟み、映画「ポテチ」の主題歌「今夜、リンゴの木の下で」です。
この曲はこのアルバムのハイライトと言えるのではないでしょうか。このメロディを聴きながら「ポテチ」のシーン思い出したら…泣けます。

次の「ひまわりの夢」はサラリーマンへの応援ソングですね。私は落ち込んだときには必ずこの曲を聴きます。
本当に何度救われたかわかりません。この歌詞はこの人にしか書けません!PVも楽しく、必見です!

終盤はスローチューンの「パズル」、三拍子のバラード「かげろう」と続き、ラストはドラマ「家族のうた」の主題歌で、アコギを掻き鳴らす姿が似合うロックナンバー「月光」です。

こうしてみると、やはり豪華な楽曲たちですね。
細かい所々の歌詞の一つひとつまで、「よくこんな歌詞書けるな」と感心します。
通しで聴くも良し、シャッフルで聴くも良しな名盤で、かなりオススメです!

他のレビューもいかがですか?

洋楽レビューを見る
邦楽レビューを見る